鍋屋のランランの磁器

Photo: replica china 2009. Beijin, China, Sony α900, Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4(ZA)
Photo: "china replica " 2009. Beijin, China, Sony α900, Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4(ZA)

北京で鍋屋のランランが見せてくれた磁器。晩冬の北京の、弱々しい太陽に照らされている。

さる貴族が用いていた家財の一つだ、とランランは言っている様だったが、すり切れた敷物の上に重ねて置かれたそれらは、もちろん後代のレプリカだろう。しかし、逆にレプリカだからこその本物感というか、今の北京の日常の空気感、みたいなものを感じてしまう。


薄寒い部屋の中で、ランランはそうした、安っぽいレプリカを、一つ一つ一生懸命に説明してくれた。僕は、彼女が何を言っているのかさっぱり分からなかったが、その一つ一つを丁寧に写真に撮った。


去年の年賀状には、この写真を使った。最近は、年賀状を送ってくれた人にだけ、時間をかけて手作りで返すようにしている。

送った一人から「和で雅な感じ」という感想をもらって、そういえば、写真に何の注釈も説明も付けなかったことを思いだした。中国の焼き物が感じさせる和。

日本の焼き物の源流が、中国をルーツとしていることを、そのレプリカはちゃんと感じさせたと言うことなのか。

昭和の喫茶店とナポリタン

Photo: show case 2010. Kamakura, Japan, Sony α900, Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4(ZA), cRAW
Photo: "show case" 2010. Kamakura, Japan, Sony α900, Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4(ZA), cRAW

昭和は既に遠くなったか。でも、この鎌倉駅近くの、昭和テイストの喫茶店には客が引きも切らない。

そこに求めるのはアトラクションなのか。であれば、既にそれが日常ではなくなってしまったということか。昭和は既に遠くなった。


などと考えて、ふと見れば、下町であるところのうちの近所にも恐ろしく昭和な感じの喫茶店がある。

しかも、そこはアトラクションとしての昭和ではなくて、リアルの昭和がある。で、なんというか怖くて入れない。夏はレーコーが主力商品だろうし、禁煙でも分煙でもないだろうし、週間なんちゃらみたいな雑誌とスポーツ新聞が常備されているに違いない。


たまに通りかかると、近所のおじちゃん達が結構入っている。怖々看板を見てみると、モーニングとかやってる。個人経営の喫茶店でモーニングを食べたのは、名古屋で一度だけだし、名古屋でモーニングと言えば観光客にとっては十分アトラクションだ。やっぱり、トーストとゆで卵とブレンドみたいなセットなのだろうか。ちぎったレタスに、酸っぱいサウザンアイランドドレッシングがかかっているのだろうか。恐ろしい。

でも、ナポリタンみたいなものがあって、メロンソーダ的飲み物があるなら、日曜の午後にちょっと行ってみても良いかもしれない。週間新潮とか読みながら、ナポリタンを食べるのだ。やっぱりアトラクションだな。

食卓塩の瓶

Photo: table salt 2010. Kamakura, Japan, Sony α900, Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4(ZA), cRAW
Photo: "table salt" 2010. Kamakura, Japan, Sony α900, Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4(ZA), cRAW

食卓塩の瓶は、マスプロダクトのデザインとして完成されている。合理的で、効果的で、無駄がない。

例えば、ゲランド海塩の小さいサイズ(それでも食卓塩の倍はあるが)の紙とプラスチックでできたボトルは、あまり合理的とは言えない。簡単にこけるし、スライド式の開け口はいつも半開きになって、しょっちゅう湿気っている。

その食卓塩の瓶を、緩やかに捻る、ということを誰が考えついただろう。横に写っている味の素の瓶しかり。


僕は、既に完成されたデザインを、テコのように使って、別のものをつくってしまうことが、何かちょっとずるいなと思ってしまうし、どうしても否定的な目で見てしまうのだが、これは素直にやられた感じがする。

誰もが知っている記号がちょっとずれている感じ。キャンベルのスープ缶よりも、日本人にはこっちの方が馴染みがあるということもあると思う。

蝋燭

Photo: 影 2009. Tokyo, Japan, Sony α900, Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4(ZA), cRAW
Photo: "影" 2009. Tokyo, Japan, Sony α900, Carl Zeiss Planar T* 85mm/F1.4(ZA), cRAW

蝋燭の炎が、見慣れた様々のものの形を、全く違う様相で浮かび上がらせ、考えたこともない色を生み出し、深い影を与える。本当は光ではなく、影が、モノに形を与えているのだと、思う。


真空管が静かに、時代遅れの CD を再生する。思い起こすことは沢山あったけれど、じきに忘れてしまう。大の男が、バーで延々とカンパリなんかを飲んだりしたら、どうかしていると思われそうだが、自分で飲む分には好きに出来る。僕は、カンパリが好きなのだ。

何かの花の香りがする。そういえば、そういう蝋燭だったか。

iPhone に着信拒否機能は無い

Photo: Sony Ericsson Correction 2009. Tokyo, Japan, Ricoh GR DIGITAL III, GR LENS F1.9/28.
Photo: "Sony Ericsson Correction" 2009. Tokyo, Japan, Ricoh GR DIGITAL III, GR LENS F1.9/28.

iPhone を使っている日本人の誰もが、画面上の電話番号に触れた瞬間に発信し始めるワイルドな仕様に、一度は驚いたことがあると思う。iOS は確認ダイアログを出すとか、そういう迂遠なことはしない。

僕が iPhone でもう一つビックリしたのは、着信拒否機能が iOS には備わっていない事だ。

日本以外の人って、着信拒否しないものなのか?それってガラパゴス機能なのか?外国に携帯電話相手の迷惑営業電話って無いのだろうか。


iPhone に変えて暫くした頃、マンション投資の電話営業に閉口した事がある。最近助かるのは、怪しげな電話番号は Web で検索すればたいてい正体が分かることで、それは迷惑電話番号サイトにしっかり載っている完全に NG な会社だった。仕事中にも繰り返しかけてくるので困ったが、その営業トークが凄くて

「なんでかけてくるんですか?」
「営業ですから!」
「いや、かけて来るなと言っているでしょう?」
「いえ、自分は営業ですからかけるんです!」

面倒になって切る、またかけてくる

「切るなんて、酷いじゃないですか!」

なんか逆に怒られたよ。営業だから迷惑でも電話をかけるんです、っていうロジックは凄すぎて反論できなかった。ここまで出来る精神力というか、無神経力は凄いと思うが、テレアポ系で働いていた人の長続きしなさ加減を見ると、やっぱりきつい仕事なんだろうと思う。


それはともかく、iOS に着信拒否機能は無い。でも、他に手はある。ソフトバンクの 3G 回線は、特定番号に対する着信拒否機能を持っている。有料サービスということに少々ガッカリしたが(地味に儲かりそうな機能だ)、仕方ないので Web から契約した。

着信拒否したい相手は、サービス用の番号にかけて自動音声応答に従って登録する。拒否する際のメッセージが選べたりするのがちょっと面白い。せっかくなので、勉強になる英語バージョンにしてあげた。

あと半月弱でリリースされる iOS 4 の 100の新機能に、着信拒否機能は含まれているのだろうか。含まれているといいな。