スカイ・クロラ

mark575.jpg
I.G.づいているので、スカイ・クロラも観てみた。新宿某所の前回と同じ映画館の最終。結構空いているし(それでは困るわけだが)、椅子もいいし。この日は、売店の人の生ビールのつぎ方がちょっと無いぐらいうまかった。
正直、まったく期待していなかった。が、名作だと思った。それが、スカイ・クロラへの感想。
確かに、押井映画ではある。犬も、トラムも、アンバーのCGIも、出てくる。宮崎映画に対抗したような、凝った空戦シーンがこれでもかと出てくる。でも、趣味の映画に終わってはいない。脚本がセカチューの人だったり、俳優・女優が声を当てていたり、ちょっといつもと違う。水と油の要素が、沢山投入されている。
そういう違う方向へのベクトルがうまく働いて、引っ張り合って、なんか広がっている気がする。結果としてとてもバランスの良い映画になっている。2時間を超える映画で、長いな、と思うのだが、台詞やカットに無駄はない。(最後のカットはいらないと思うが、、)
商業的にどうか?というと、これはちょっと難しいかなとは思うし、あのCM を見て、本当に映画館に足を運びたくなるのかは疑問だ(僕はならなかったと思う)。でも、もうちょっと評価されても良い映画なんじゃないかと思うのだ。あのキャラクターの顔が嫌い、っていう人がおおいけど、すぐ慣れるよ。
追伸:雲の描写が良くできてる。それを見に行くのでもいいと思う。

落ちている犬

Photo: 落ちている犬 2008. Tokyo, Ricoh GR DIGITAL, GR LENS F2.4/28.
Photo: "落ちている犬" 2008. Tokyo, Ricoh GR DIGITAL, GR LENS F2.4/28.

今日は曇りで、たいして天気も良くない。少し遠くの駅まで歩いていこうと思う。家を出て、いつもとは違った方向に歩き出す。

不燃ゴミの収集の日、収集車がやってくる。後を追って、二人の男が全速力でこっちに走ってくる。なんだ、あれは。

収集車はかなりの速度で 15メートルほどの間隔で設けられたゴミ捨て場を走る、そして、二人の男が走って追いかける。追いついて、もの凄い勢いでゴミを投げ込み、そして次の場所に走っていく。二人は声を掛け合いながら、止まることなくゴミを放り込んでいく。


作業はもの凄く早い。田舎のゴミ収集って、もっとのんびりやっていたような気がするのだけれど、都心のゴミ収集はこんなに強烈なのか。このチームだけがもの凄くやる気があるというわけでも無いのだろうし。

例えば、今の仕事をやめてしまって、収集車みたいなきつい仕事でも、何かのためならがんばれるかなぁ、と漠然と思ったこともあったのだけれど、これじゃあ全然無理だ。鍛え方が違うね。

その凄いゴミ収集作業のルートを外れ、ちょっと迷ったなぁと思いながら大通りの気配を探していると、歩道の真ん中に犬が落ちていた。しかもでかい。どんどん近づいても、うるさいなぁ、という風情でちょっと見上げるだけ。仕方ないので、それをよけて歩く。邪魔なヤツ。

アイディアは水中で生まれる

風呂は 1時間浸かる、と豪語する OL 的会社員(男子)も居るが、僕はそこまではできない。が、各方面より代謝を上げたかったら 30分は入れ、という指示を受けているので頑張って入ってはいる。が、やることがない。


JIS 防水 4級のお風呂 CD/ラジオを買ってみた。これは結構暇が潰れる。風呂場でドラゴンボール DVD 全話(100枚ぐらいある)を見きったという強者も居るが、それは真似できない。

ドクター中松曰く、水中で考えるのが最もアイディアが出るのだそうだ。水に浸かりながら、ではない、水に没しながら考えるのだ。脳が酸欠状態になるのが、良いらしい。

僕は水中で考え事をしたりしないが(溺れる)、羊ページのいろんな文章の元のアイディアは、風呂に入りながら考えている事も多い。良い暇つぶしになる。

こういうことを書こう、と思っても、その場にPCがあるわけではないので、出るまで忘れないように気をつけているわけだが、多分、やっぱり文字通り泡と消えてしまったものもあると思う(そもそも覚えていないわけだ)

ということで、風呂場でも使える防水 PC もしくは PDA を、、探したりするのは愚かしいので、水中でも使えるボールペンと紙を買うか。amazon には無かった、ハンズにあるのかな?

キッチン飛騨

実家に帰る。テレビは地上波しか映さないから、それを見ている。(でも地デジになってた)

何でも慣れるのだとは思うが、これを一年中見ると思ったら、ちょっとうんざりする。流行どころのものは頑張って You Tube で見るようにしているが(頑張ってる時点でダメなんだろうけど)、それでも、ああ、あいつらがやっていた元ネタはこの芸人なのか、とか、そういう発見ばか りだ。

テレビというのは、多くの人を並列化するための装置なんだな、と、久しぶりに並列化されてみて気がつく。そうして、やっぱり、そういうことにはも う、あんまり価値がないと思ってしまう。役に立つとしたら、何年も経ってから「あの頃はこんなのが流行ってたよね!」とおしゃべりするぐらいのものだ。で も、覚えているようなものがあるかな?


つまり、ショップチャンネルで変なシャワーヘッドとか、原料が貴重なくせに毎日やってるキッチン飛騨のレトルトハンバーグとかの紹介を見ている方が、よほど面白いな。

注:ケーブルから電波をもらっているので、ショップチャンネルと QVC は映るのだ。

Sony Cyber-shot DSC-T2 Carl Zeiss Vario-Tessar F3.5-4.3/6.33-19.0

Photo: malt Sony Cyber-shot DSC-T2 Carl Zeiss Vario-Tessar F3.5-4.3/6.33-19.0
Photo: "malt" Sony Cyber-shot DSC-T2 Carl Zeiss Vario-Tessar F3.5-4.3/6.33-19.0
T2 といえば、まあ、普通は Contax T2 だと思うのだが(違うのかも知れないが)、Cyber-Shot T2 というのも出ている。なんとなくカメラっぽくないデジカメが欲しいなと思ったら、そのT2が割と合っていそうだった。見た目は、昔東芝が出していた(出し ていたんだ、デジカメを)sora に似ていなくもない。

朝起きて、なんか最近デジカメ買ってないなと思って、夕方、晩飯がてら買いに行った。やたらにポイントが付くみたいだったので(実際には、それは ちょっとした表示間違いで、僕が買った後で訂正されていた)、あっさり買った。Cyber-shot は各モデルの生産期間が結構短いので、ある程度値頃感が出たぐらいで買っておかないと、手に入らなくなってしまうのだ。


さて、このカメラを一言で言うと、タッチパネルで直感的に使える、ちょっと変わった和み目の写真が撮れる、今日のデジカメ、である。

まずは簡単なスペックから。x3 Vario-Tessar, 光学手ぶれ補正、タッチパネル、4GB メモリまで入って、実売 2万円強。既に販売終了の小売店もあるモデル末期とはいえ、市場原理とは恐ろしいものだ。T シリーズなので、機能面よりはデザインとか、使い方のスタイルとか、そういう方向に振られている。

レンズバリアと電源スイッチが連動するギミックは、往年の U シリーズを彷彿とさせるが、性能は格段に良くなっている。初代 T は、機械機械していたが、このモデルはデザインとしては相当こなれている。色は、黒と白、そしてグリーン。グリーンは web でみるよりずっと光沢がある、というか、パール塗装みたいでなかなか凄い色をしている。実機を見て、まあまあだったらグリーンを買おうと思ったが、まあま あどころか、かなり「エー」と思う色。それでも、デジカメらしくない、ということであえてグリーンを選択した。


レンズは、9群 11枚の Vario-Tessar。残念ならが、T* ではない。ここにコストをかけても、売れない、ということだろうか。でも、ちゃんと T* で出して欲しいな。絵の印象は、ちょっと不思議な、ネガっぽい柔らかい色味。ノイズや偽色をよくよく見ていくと、そんなに優秀でもないと思うが、トータル な絵として僕は好きだ。レンズは決して明るくないので、光学手ぶれ補正と合わせても、暗いところはそんなに得意でも無さそう。ただ、低光量での AF 速度・精度は悪くない。画角は 35mmフィルム換算で、38mm – 114mm で広角好きとしてはやや物足りない。

レリーズについては、割と色んな機能が盛り込まれている。オートブラケットを搭載しているのは偉い。笑顔に反応するスマイルシャッターは、アホらし いと思いつつも、みんなやってみたくなってしまう機能。しかも、意外と精度が高い。顔をきちんと認識するし、笑わないと確かにシャッターは切れない。普段 は写真を嫌がる人でも、思わず試したくなってしまう機能。こればかりは、古いアナログカメラの考え方では、絶対に実現不可能という意味で面白い。

背面の液晶はタッチパネル。この操作性は極めて良い。インターフェイスもこなれているし、反応も速い。タッチパネルのお陰で、背面のスイッチは4つ のみ。僕は、タッチパネルほど使いにくいインターフェイスも無いと思っているのだが、長年の機能向上の成果か、あるいは、人間の側が慣れたのか、T2 の使い勝手は良い。神経質では無い人でも、さすがにこのタッチパネル液晶には、保護シートを貼っておいた方が良いと思う。

面白いのが、紙のちゃんとしたマニュアルはもはや付属せず、必要な人は PDF を見るという形になっている。それでも、マニュアルは見ないで全ての操作は可能だ。

内蔵メモリが 4GB もあるということで、写真を沢山持ち歩くということを前提にした機能も多い。音楽付きの自動スライドショー機能や、カレンダーからの写真選択などは面白 い。タッチパネルを使って、その場で写真に落書きできるのもユニーク。ただし、その機能が常用されるかというと疑問。(はやくも、使っていない機能)


その他の印象。 Sync ソフトウェアは、かなりちゃんとつくってある印象で、画像ブラウザもオリジナル。Vista ライクなというか、Mac っぽいというか、無意味な挙動時のエフェクトは、一瞬で飽きる。使い勝手は普通。デジカメを何機種も持っていると、Sync 時にいろいろなソフトが Sync をかけようとして結構困る。毎回選択するのも面倒なので、この辺がうまくハンドリングできる共通規格のようなものが出来ると良いのだが。

USB インターフェイスは、意味不明なソニーオリジナルの形をしている。こういう誰の利便にもならない自己満足規格はやめて欲しい。4GB のメモリを搭載しているので、外部メモリは事実上不要だが、Memory Stick Duo のみ対応。これも、誰も嬉しくない。この 2点は改善して欲しいが、まあ、無理か。