魔女の鍋的食い物

Photo: 2004. Beijing, Mainland China, Sony Cyber-shot U20, 5mm(33mm)/F2.8
Photo: 2004. Beijing, Mainland China, Sony Cyber-shot U20, 5mm(33mm)/F2.8

羊ページ管理者たる者、羊を食べなくてはいかん。


先ほどの油炒飯の店。周りのテーブルを眺めると、皆、仕切りのある鍋でグツグツ何かを煮ている。火鍋ってヤツか。言葉が全く分からないので、あれくれ、あれくれと指さして頼む。2回行って(気に入ったのだ)何となく分かったのだが、この火鍋屋はセミオーダーメイドみたいな仕組みになっている。

まず、基本になる鍋を頼む。そうすると、辛いスープと、そうでも無いスープの二色が入った鍋が来る。中には出汁の素なんだか木っ端くずなんだか分か らない変なものがいろいろ浮いているが、具は入っていないので、適宜具になる肉を選ばなくてはいけない。肉は、1つ頼むと、普通に山盛り 3人前ぐらい出てくるので、知らないで人数分頼むとものすごい量の肉が運ばれてくる。(運ばれてきた)


肉は、牛と羊のいろいろな部位をかなり細かく(30種類以上)選べる。羊脳だって頼める。その次には、野菜(29種類)を頼む。キノコ(13種類ぐ らいある)も別に頼む。ただし、時々「メイヨー」な素材もあるから、全部頼めるわけではない。肉だけ頼んだら、野菜を頼めと、しきりに店員が言う。しゃぶ しゃぶみたいに、もう肉しか食わないとか、そういうのはダメみたいだ、バランスが大事。これらをまとめてぶち込んで、グツグツ煮込むと、「ヘルシーな火鍋 が今 OL に人気です」とかそういう甘っちょろいジャパナイズされた食い物ではなくて、呪われてるとしか思えない、魔女の鍋的食い物ができあがる。おお、レゲエスタ イル。


最後に、つけだれを注文する。つけだれは、大根おろしでさっぱりと、、ってこれは、おろしニンニクじゃないか!大根おろしの代わりに、なんかの油の 中にたっぷりおろしニンニクが投入された、強烈なつけだれ。これに、グツグツ煮込んだ羊肉をごっそり突っ込んで、焼けるような白乾(中国焼酎)蒙古王で飲 み下すと、なんか変な脳波が出る。値段は恐ろしく安くて、「机一杯」頼んでも 2,000円しない。酒をボトル一本頼んで、3,000円。

この火鍋は下品に煮込んで、まぜて、飲み下すと、旨い。中国いいなぁ、と白乾に酔いながら思う。

ジンギスカン

12chでジンギスカン特集をやっていた。オサレ系雑誌にもジンギスカン特集が組まれたりして、やっぱり「来てる」気がする。
一頃ほど、羊肉が嫌いっていう人もいなくなって(というか、僕は見たことがない)、焼肉ブームも一巡、都内でジンギスカンを食わせる店も増えてきて、ブレイクへの準備は整ったか??

メニューにないカレー

Photo: 羊のカレー 2004. Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.
Photo: "羊のカレー" 2004. Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.

無理を言って馴染みのビストロを貸し切ってパーティーをした。皆が引け、片付けがてら、カウンターで飲んでいると、シェフが

「良かったらカレー、持って帰ってくださいよ」

と言う。羊の挽肉で作ったカレーはえらくうまかったが、寸胴にまだたっぷり残っていた。あり合わせの瓶につめてもらって、持って帰る。もらったときは、正直腹一杯すぎでありがたみも薄かったが、翌朝温めて食べてみた。

これ、香りが良くて、すごい美味いな。挽いた羊でドライなカレーとか、ゴロゴロした羊肉のカレーとかはよく見るけど、羊挽で濃厚なカレーってあんまり無いんじゃないか。脚色なしで 2分で食べた。(別に普段早食いではない)


カウンターの向こうでカレーの瓶を煮沸しているシェフに

「これ明日になったら、もっと美味いですよね」

と言ったら、

「もう 3日目だから、全然だいじょぶですよ」

と返ってきた。普段のメニューにカレーなんて、もちろん無いお店。美味しくて嬉しい特別の味。

出稼ぎ中国

中国の綿花摘み出稼ぎのドキュメンタリーを見ている。
900両の出稼ぎ列車とか、嘘くさいぐらいの人の多さ。でも、そうだろうなぁと思う。うそくさいけど、あの国の光景って、こんな感じだった。
出稼ぎ先はウルムチなんだけど、モスクがたってたりして、これが社会主義国?っていう景色だ。
宿舎とかも、納屋を改造して鉄パイプと板でつくった三段ベッドでなんかめちゃくちゃ劣悪な条件。イメージ的にはもろに中国の奥地なんだけど、実は、そこに働きに来ている娘たちって、17ぐらいで自分の部屋とかもってて、割と近代的な生活をしてきた普通の若い人。(多分、漢民族)ジーンズ履いてるし。
で、3,000km列車で移動して綿花畑に連れてこられる。そのギャップ、国内に外国があるって感じかも。飯とかも貧相(3元/日)で、昼メシは蒸しパン、多分すごいまずい。彼女たちも「食いたくない」って言ってる。綿花積みの賃金は、一日40Kg摘んで300円ぐらい。恐ろしく安い。
そういうもろもろが、経済の世界で言うと、「競争力」になるわけか。
あと、謎が解けたんだけど、あの国でみんながしょっていた怪しい荷物袋は、使い終わった肥料袋のリサイクルだってこと。