Sony Ericsson A1402S

Photo: A1402S + 変なキリン 2004. Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.
Photo: "A1402S + 変なキリン" 2004. Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.

「ベッカムもボーダフォン」

だと言うので、ボーダフォンにしてみたのだが、あんまり良い思いをしなかった。考えてみれば、俺はベッカムに興味は無い。買った端末は史上最強の PDC こと J-SH53 だったが、そのあまりに謎なインターフェイスには全く馴染めず、また、でかすぎて持ち歩く気が薄れる品であった。

ということで、世代コータイすることに決定。3G での実績が豊富な au で、機種は、「多機能携帯へのアンチテーゼ」を謳う、Sony Ericsson A1402S である。また、SONY か。で も、「機能を積極的に削る」ということを主眼にしている端末は、au ではこれしか無い。しかも、毎回モックもろくにさわらずに、たいした考えもなく端末を撰んできたことを反省して、今回はちゃんと情報を収集し、実機も (モックではなくて電源の入っているもの)もさわってみた末の選択である。実機をさわってみると、実は、シャープ並にありえないインターフェイスの端末は 結構あることが分かった。「メインメニューがお花になっていて、メニューを選択するといちいち花が咲いて、中から項目が現れる」なんて端末使えるか。


ところで A1402S を今買うとなると、これはまた微妙な話になる。この携帯、発売から 3ヶ月ぐらい経っているので、怪しげな通信販売の販路だと 1円とか 500円とかで手に入る。しかし、市中の量販店では 13,000円程度、FC 系の代理店で 4,000円ぐらいになっている。買うところで買えば、1円で買えるものを、いくら 18%ポイント還元と言われても、1万で買うのはどうなのか。かといって、もう自分の中では一刻も早く使っていきたいモードになっている。目をつぶって、 諭吉を捨てるべきなのか。

しかし、今日は今月最後の週末。締めは近い。数字を積みあげたい現場の状況を考えれば、多少の無理も利くのではないか、と大人的目論見を持ってお店 へ。でも、全然ダメ。割と売れてるらしいこの端末は、どこも 1万オーバーの価格だ。暑いし適当に買って帰ろうかなー、別に安くなきゃだめって訳でもないしなー、暑いしなーと諦めかけ、最後にたどり着いたとある量販 店。その店頭に飾られた A1402S を見ると値段が書いてない。「お尋ねください」とある。
「これ幾らですか?」
「幾らがいいですか?」

そう来たか!
「1円」
「じゃあ、1円でいいです」
「!まじ」

1円で買うと、1円のポイントが戻って来た。なるほど、そういう風に計算されるのか。受け取りに行くと、頼んでもいないのに、手提げ袋に変なキリンみたいなののヌイグルミが押し込まれていた。モノが安いのには理由があるわけだけど、妙に、お買い得な感じ。


で、A1402S を使ってみての感想は、携帯というよりも、PC というよりも、VAIO っていう感じだと思う。ジョグダイヤルはあまり好きではないのだが、ジョグダイアルの使用を前提にソフトウェアが組まれているから、それはそれで使いやす い。少なくとも、Clieなんかよりは、よっぽど良い。機能が少ない割に、搭載されている CPU が速いので、動作は機敏。POBox & モバイル Wnn V2 の予測変換も快適だ。機能が少ないといっても、話すことしかできないわけではなくて、GPS 以外のものはだいたい入っている。その代わりに、カメラがメガピクセルじゃないとか、スペック部分で落とすところは落としてある。このバランスは、U10 の時に感じたのと似ているかもしれない。余裕をもって技術を使うことで生まれる、バランスと快適さ。SONY って、機能を削ったものを作ると、なかなか良い仕事をする。

なお、QVGA 液晶は J-SH53 に比べると明らかに暗い。それは、初代 Clie 以来の、SONY の伝統なのか。(あるいは「液晶のシャープ」と比べること自体が間違っているのか)

注1:シャープ端末のインターフェイスは個人的に合わないのであり、合う人も居るんでしょう。念のため。
注2:例えば、発信履歴が、←の長押し、というシャープのインターフェイスは、個人的にあり得ないと思っている。長押しは、そうした頻度の高いオペレーションのトリガーに組み合わせるべきアクションでは無い。
注3:A1402S はもともと女性ターゲットで開発された。ギャル携帯とでも何とでも呼んでくれ。ちなみに、企画担当者の元木杏奈さんがえらく可愛いとか、そういう部分でも何故か話題になっている。

PDA って必要なのか SONY Clie PEG TJ-25

Photo: PEG TJ-25 2004. Tokyo, Japan, Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.
Photo: "PEG TJ-25" 2004. Tokyo, Japan, Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.

ちょっと前に、Clie を買った。もともと、Palm Vx を使っていて、それに似た薄い Palm が出るのを待っていた。本家 Palm の新機種は、日本では正式発売されておらず、かといって、わざわざ 3rd party の日本語化 Kit に手を出すほどの気力が今の僕には無い。そうなると、選択肢は Clie ぐらいしかないのである。また SONY か、という感じだが、意外と安いし Clie PEG TJ-25 を仕方なく買ってみた。なんとなく安っぽいデザインと、使いにくいスタイラスで、モノとしての満足度は低い。でも、処理の速さと表示の美しさで、ハイテク としては評価できる。しかし、Vx みたいな、冷たい切れる佇まいが無い。けれど、今、日本で普通に買える PDA の中では、ずいぶんとマシなものではある。(ようは、不満足)


ノート PC を持ち歩くようになって以来、実は、あんまり PDA を使わなくなった。とはいえ、紙のメモ帳という習慣もないので、無いとなんとなく困る。Clie もってきてないから、メモれないな、と言って、携帯でいいじゃんと指摘されてはっとする。そういえば、別に携帯で文章も書けるし、写真も撮れる。わざわざ PDA を持つ必要って本当にあるのかな、と今更に思う。いやいや、そうは言っても、あればあったで、便利だ。今までで一番実用的だったのは、鮨屋でガイジンにネ タを説明する時ぐらいだけど。(でも、実際そういうのには、凄い便利だった。鰤が yellowtail だなんて知らないよ。)

電車に乗っている間、何か書こうか、あるいは何か読もうかと思って、本と Clie を窓際に置いておく。でも、結局、どちらにも手をつけないで、目的地に着いてしまう。最近は、そんなことを、何度もやってみたり。

1杯飲むと元がとれる

Photo: ひえひえ 2004. Tokyo, Japan, Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.
Photo: "ひえひえ" 2004. Tokyo, Japan, Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.

リゾートホテルの午後。

ちょっと時間は早いが、ビールでも飲むか。入りしなに目にした、会社員風の男が傾けているグラスが、やけに美味しそうだった。飲み放題というのもある。1杯はそれなりのお値段なので、2杯飲むと元がとれる。いささか迷ったが、飲み放題で行け!


ん、飲み放題は、ジョッキで来るのか!(そんなにいらね?)

とすると、結構良いお値段のタマネギとツナのピザは、、すげーでかいわけか。石窯で焼かれたピザは、パリッとして普通に美味しい。値段も高いが量も多い。妙にリーズナブルと言えなくもない、ランチ。腹いっぱい。太陽もいっぱい。


注:結局、1杯でもとがとれた。3杯飲んだが。

ニャー。ニャー。ニャー。

Photo: でかねこ 2004. Tokyo, Japan, Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.
Photo: "でかねこ" 2004. Tokyo, Japan, Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.
「はじめて来たのかな?」
「ええ」

ボウッとした暗闇から、でかい猫が見下ろしている。大きいの、小さいの、あたりは猫だらけだ。1,000匹はいるらしい。なかでも、こいつがひときは大きい。胴体なんか、抱えきれないぐらいだ。
「でかいですね」
「そうかな」
「いつからここに?」
「どうだろう、ずっと前から居るよ」


「それより何を飲むのかな?」
「いや、何でもいいですけど」
「マタタビ酒なんてどうかな。これはなかなか評判がいいんだ」
「、、いや、それはいらない」

僕には黒ビールが運ばれてきて、連れには(やはり)マタタビ酒が運ばれてきた。ちょっと飲ませてもらったけれど、えらく辛い泡盛のような味がして、舌が少し痺れた。
「これ、凄いですね」
ニャー。
「あれ?」
ニャー。

匂いに酔った??


注:まねき猫とジャズのお店だそうです。

ほんとにマニアック

Photo:福江島の入り江 2003. Nagasaki, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8
Photo:"福江島の入り江" 2003. Nagasaki, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8

五島列島は観光地としてはどうなんだろう。海は、綺麗だ。今日みたいな天気の良い日には、美しい色をしている。で、人はあんまり居ない。少なくと も、東京あたりから来ている人が居ない。ここからほど近いと言えなくもない屋久島が、マニアックな感じを演出しつつも一大メジャー観光地として成功してい るのに比べて、五島列島は、ほんとにマニアックなのだ。


僕たちは、福江島に一つある SATY で水着やらピクニックシートやらを買って、子供とお母さん達に占領されている、午後のフードコートでドーナツを食べた。いかにも観光客を相手にするような 店に行くよりは、こんな地元の普通のスーパーの方が、よほど安くてちゃんとしている。でも、ここではそもそも観光客向けの店なんて見あたらなくて、普通に スーパーしかない。多分、あんまり観光地ではないのだ。


ふらっと入った鮨屋の大将とかも、全然観光客慣れはしていなくて、やたらにネタがでかくて値段の安い握りは、ほんとに地方の漁師町のお昼ご飯という感じだった。

あるいは、海辺で写真を撮っていたら話しかけられた時も、地元の暇なオッサンの普通の世間話だったりした。
「なに?そのカメラ?」
「ん、CONTAX です」
「、、」

多分、変なニセモノカメラだと思われたに違いない。気まずいこときいちゃったな、悪いな、という感じで、話題は変えられていった。オッサンは、どこどこの店は現像が安い、という情報をくれたりした。ごめん、ここで現像はしないんだよ。

それにしても、今日は海の色が綺麗だね。