ソーキそば

Photo: ソーキそば 2003. Okinawa, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8, JPEG.
Photo: "ソーキそば" 2003. Okinawa, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8, JPEG.

昨日の夜は食べ過ぎたので、朝兼昼は軽く沖縄そばでどうでしょう。ということで、仕事場の近所にあった、なんてことはない沖縄そば屋へ。で、出てきた。600円ぐらい。多いな。

普通に「沖縄盛り」で、とても軽い昼飯ではない。丼に山盛りの麺に、ソーキのカタマリがゴロッと入ってる。あげくに、炊き込みご飯まで付いてきた。見た瞬間、「これ、喰いきれるかなぁ、、」という不安がよぎる。


割と頑張って全部食べた。新聞読みながら、ジャスミンティーを飲み、備え付けのキュウリのキューちゃんをつまめば、もうどう見ても地元の人だ。東京のランチタイムと違って、みんなのんびり食べて、くつろいでいる。せかせか食べている日ごろの昼飯が、アホらしくなる。

それにしてもこういうとこで食べると、東京で食べる沖縄そばって、やっぱり高いよなぁ、と思う。


注:店の名前は、、忘れた。まあ、普通に近所の人が食べに来てる感じの、普通の沖縄そばの店です。

福江の焼き鳥屋

Photo: 2003. Nagasaki, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8
Photo: 2003. Nagasaki, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8

五島列島は、あんまりメジャーでないとは言え、いちおう観光地なので、観光客相手のお店なんかもなくはない。晩飯はなににしようかとうろうろするが、「いかにも」という感じの海鮮料理の店などは、どうにも気が進まない。

福江の商店街の一角に、焼鳥屋を発見。清潔だが使い込まれた店構えは、美味そうな店オーラが。五島列島で焼き鳥でもないが、とにかく入ってみた。


引き戸を開けた瞬間に、ウマイ店を引き当てたことが分かる。カウンター 10、座敷 20はある奥に広い店だが、お客さんでいっぱい。飛び交っているのは、完全に地元のコトバだ。なにより、食べる方にも、食べさせる方にも、活気がある。

単なる「やきとり」が良い。これは、鶏肉とタマネギの一種のネギマ。これだけで、10串ぐらい食べた。美味しい焼けた脂と、炭の香り。しかも、ここ のメニューは 1串 70円から。えらく安い。きっちりした仕事のされた定番の鳥皮やハツなどの他にも、ヒップ(なんだろう?)やカルピー(カルビか?)など、ちょっと変わっ たモノもある。


腹が減ったので、焼きおにぎりを頼む。

「梅と、おかかと、チーズがありますけど」
「チーズ?」
「チーズ食べれるなら、チーズはお勧め」

大将が言うならしかたあるまい。1種類ずつもらうことにする。1個 100円だし。

「どうです?」

炭火の上でじっくり焼かれた焼きおにぎりの香ばしさ。かのチーズ焼きおにぎりは、ある種バター醤油ご飯的おいしさを醸し出していて、けっこうウマ イ。でもなぁ、このメニューが生き残れるのかは、ちょっと不安。後ろの座敷から焼きおにぎりの注文が入るが、大将はまたもやチーズを勧めている。

「チーズ??うーん、じゃあ梅 2つ、おかか 1つ、チーズ 1つ」
「えー、俺チーズかよぉ!」

完全に色物扱いされてます。


運良くカウンターの真ん中だったので、くるくる串を返す大将の手つきを見ながら楽しく食べられた。周りを見ると、やっぱり焼酎をがんがん飲んでる。九州に来たんだと思う。

で、限界まで食べて、2,250円なり。安いなぁ。

オープンカーに乗ってみる

Photo: BMW Z3 2003. Okinawa, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8, JPEG.
Photo: "BMW Z3" 2003. Okinawa, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8, JPEG.

沖縄に来ているにもかかわらず、太陽を見ていない。朝も早くから建物の中に軟禁されて、もくもくと作業、作業。息苦しくなってきた。 なので、「オープンカーでも借りるか」と決定した。

オープンカーって、意外と乗ったこと無いと思うのだが、どうだろうか。僕は、乗ったことが無かった。借りるにあたっては、妙に目立ったらどうしよう とか、少しは考えた。しかし、それは杞憂であった。背広姿で男二人がオープンカーに乗っている光景、それはどこから見ても「ディーラーの納車」なのだっ た。


それにしても、夏のオープンカーって暑い。レンタルした BMW Z3 Roadster は、至って現代的な車なので、エアコンはちゃんとしている。しかし、そうは言っても、南国の容赦ない日差しが腕を焼く。あっという間に、日焼けする。まっ たく、これは趣味の車。離れるときは、いちいち幌を閉じたりしないといけないし、荷物はほとんど入らないし、ホント面倒。


もちろん、風を感じて走る、という感覚は非常に気分が良くて独特のもの。それに、乗っている感覚が全然普通の車と違う。一言で言えば、「速く感じ る」。沖縄にも、ちゃんと高速道路があって、そこを走っているとスピードは全然出ていなくても、(助手席ですら)本気で怖い。Z3 は、風のコントロールがきちんとしていて、左右のウインドウを上げていれば、高速道路でも声を張り上げないで会話することだってできる。でも、風に曝され ながら走った後は、なんか妙に疲れる。バイクに乗る人が「疲れるぜ?」と言う感覚と、少し近いのかもしれない。これって、ちょっと大変な乗り物だ。でも、 それだけにオープンに乗る意味、っていうのは確固としたものがあるんだと思う。

いままでオープンカーを見ると、「まったく、気取りやがって」と思わないこともなかったが、今は違う。頑張ってるなぁ、偉いなぁと思う。

注1:夜は、上を見上げると星が見えちゃったりするので、カップルには良いかと思います。
注2:オープンカーは夏に乗るモノではない、というご指摘もありました。マイアミ・バイスとか、そういうステレオタイプ的な知識しか持っていないので、てっきり夏の乗り物かと思っていたのですが。

五島列島福江島

Photo: 2003. Nagasaki, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8
Photo: 2003. Nagasaki, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8

「あーちー」

暑い。ここは、五島列島(ごとうれっとう)福江島。なんで、こんなところに居るのか、自分でもよく分からない。空港ではチケットセンターの人に「すみません、ごしまふくえまで」と言って、「は、はぁ、、」と狼狽させた。というぐらい、わかってない。

そして、僕はここで犬を見ている。


思いつきでやってきたこの島で、なんだかガラガラの砂浜を発見する。

ここは、平均海水浴客数 2名という凄い浜。(気に入って、毎日行ったのだが、いつも泳いでいる人は 2人どまりだった)

この浜をヒタヒタ歩き回っている落ち着きのないヤツが一匹。「なんかクレ」と言っているようでもあり、その割には振り向くと居なかったり。お客にちょっかいを出して、海の家のおばちゃんに追い払われながらも懲りない。首輪もしていないし、毎日見かけるところを見ると、このあたりの野良なのだろう。 で、なんでこいつは、いつも濡れてるの?


この日、ぬれ犬は一体何をしているのかと暫く見ていると、反対側の砂浜に向かって泳いでいる。積極的に泳ぐ犬、というのは初めて見た。まさか魚を捕っているわけでもないだろうから、趣味?

注1:地元の人に、「あの犬泳いでるんですけど、、」と言ったが、別に驚いた風でもなかったので、趣味で泳ぐ犬というのは、島では一般的なものなのかもしれない。
注2:これだけお客がいなくても、この浜には「海の家」が存在する。凄い。

隠れ家的!

Photo: 夏野菜とコンソメのゼリー寄せ 2003. Tokyo, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8, JPEG.
Photo: "夏野菜とコンソメのゼリー寄せ" 2003. Tokyo, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8, JPEG.

こんにちは、インターネットの隠れ家的Webサイト、羊ページです。

久しぶりに、ちょっと足を伸ばして、東京某所の隠れ家的ビストロへ行くことにする。「隠れ家的雰囲気で人気、大行列」などというと、それは全然隠れ家じゃねーだろ、と思うのだが、ここは違う。

あまりにも隠れ家的なため、「料理は美味しいけど、私たちの他にお客さんがいなくて、あの店はだいじょうぶなのかしら?」と、とある Web のレビューに書かれていたりする。僕もたまに心配になる。


でも、久しぶりに来てみたら席は一杯に埋まっていた。ちょっと、ホッとする。いくら居心地の良い隠れ家でも、お客さんが居ないのではやっていかれない。

ここは野菜が特に美味しい。最初に飛び込みで来た時に、その扱いの巧さに驚いた。「夏野菜とコンソメのゼリー寄せ」は、匂いの強めの野菜と、キリッ と冷えたゼリーの綺麗な味。しかし、この店に来始めた 2年前よりも、なんとなく、食べる量が減っている気がする。頼む料理も、野菜中心で弱め。
「そうですね、、昔はもっと召し上がっていましたね、、」

と、店の主人はグラス売りのワインボトルを開けながら頷いた。まあ、そんなもんか。


注:いろいろな名詞に、「隠れ家的」という形容詞をつけて遊んでみましょう。