縄文杉

2001. Yakushima, Japan, Nikon F100, AF ZOOM NIKKOR 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film RHP III
2001. Yakushima, Japan, Nikon F100, AF ZOOM NIKKOR 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film RHP III

はい。これが縄文杉。

「あ、杉だ」

「杉だね」

感想、以上。


登山開始から、4時間。途中からトロッコ道もなくなり、ただひたすらに山を登った。背負ってきたのは、1日分の非常食(チョコレート、ハイチュウ詰 め合わせ、カロリーメイト等)、弁当(おにぎり2つ、唐揚げ、エビフライ等)、水1リットル(縄文水)、合羽(生協の見切り品)、フィルム10本、3脚、 一眼レフカメラ1台、コンパクトカメラ1台。撮影機材の重さのため、水の量を削ったのはあとあと大きな後悔を招くことに。とにかく、カメラが重い。

森の中は、湿度が高い割に涼しかったが、それでも汗がしたたり落ち、体がほてる。時々、小さな沢に出たが、去年の四万十川では生水に当たっているので、口をつけることはしなかった。野生動物が多いので、寄生虫でも居たら大変なことになる。

手を浸けて、顔を洗うだけで、その冷たさがしみる。飲んだら旨いんだろうなぁ。背負っている縄文水の残りは、かなりこころもとない。へろへろになっ て山を登る道すがら飲む水は美味いので、つい飲んでしまうのだ。丁度、運動会の後で、水道の蛇口からゴクゴクのんだ、あの水の味がする。


そして4時間、縄文杉にたどり着いた。

樹齢は、諸説あって2,600年とか、7,000年とか、とにかくいろいろ。朝から、木ばっかりの風景を見てきたので、この杉にたどり着く頃には、もはや巨木にも慣れきっていた。

そして出てきた感想は、「あ、杉だ(また杉かよ、、)」

以上。

てくてく

Photo: 2001. Yakushima, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35, Fuji-Film RHP III
Photo: 2001. Yakushima, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35, Fuji-Film RHP III

てくてくてくてくてくてくてく。

縄文杉を目指す道は一本道で、とにかくルートに従って歩く以外に、方法は無かった。ひたすら、トロッコの軌道をづたいに頂上を目指す。獣道が多い屋 久島の山中で、ろくな装備も持たないままにルートをはずれることがいかに危険かは、容易に想像が付く。今年、既に3人が山から帰っていない。


てくてくてくてくてくてくてく。

苔と、水たまりと、濃い森。足元に続く線路。

「やっぱ、我々人生レールの上ってことかね?」

、、仰る通り。

空気公団:融

Photo:2001. Sumida-River, Japan, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Fuji-Film RHP III, F.S.,
Photo:2001. Sumida-River, Japan, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Fuji-Film RHP III, F.S.,

道路公団、地下鉄公団、公団もいろいろあるけれど、今日紹介するのは空気公団。

このアルバム「融」が、メジャー 1作目ということで、あんまり有名なグループではないと思う。僕もケーブルテレビの CM でちょっと見かけて、そのあんまりなバンド名に「やられた」と思ったのが初めてだった。

女性 3人、男性 1人の摩訶不思議なメンバー構成。お話、みたいな歌詞。ピアノと、オルガンと、ギターの、ちょっと変わった編成。なんだろう、ジャンルは POPS だろうか。少なくとも、CD 売り場ではそのように分類されている。


妙なヘタウマバンドではないけれど、なんというか悪い意味ではなくてプロっぽくなく、無理矢理感動とか、こみ上げる共感とかそういうのでもない。例えるなら、学校の時の友達が出したアルバムが届いたような、しかも、その娘のことをちょっと好きだった、みたいな感じ。

普通の感覚、普通の感じ。

ちゃんとした音質とクリーンなミキシング。意図されたアナログ感覚とか、生活感とかは、あくまでバランスしていて、破綻の中に芸術があるとか、そういうのではない。僕的に、それはとても気分がいいレンジだ。

空気公団、いいね。


追加情報:マスコット??のグリンピース君は、これ に似ているような気がするのです。兄弟?


解説:月島あたりから、隅田川はかちどき橋方面を望む。都会でも、こんなに空が綺麗なことがあります。
注:いつのまにか、メンバーが減って、3人になってました。

すいか?

雨の原宿。まだ、晩冬の頃だったか。

某所にある、定食屋っぽい飲み屋での送別会。その頃、オフィスが移転することになって、オフィスビルの警備のおっちゃんの送別会をやった。いつも残 業で遅かった僕たちは、見回りに来る彼と仲が良かったのだ。その店は、おっちゃんの馴染みの店で、とにかく銀鱈の焼いたのが旨い。まあ、それは本題ではな くて、、。

帰りの JR 原宿駅で、謎のポスターが張り出されていた。
「すいか?」

JR らしからぬコンセプトのポスターには、スイカのような物体と、何故かペンギンがプリントされていた。ようは、非接触型改札システムのことだと理解してからもなお、僕はペンギンと「スイカのようなもの」の微妙な関係に思いを巡らさざるおえなかった。う?む。


それから半年あまり、いよいよ Suica が本サービス開始。JR をあまり使わない僕にとっては、たいして意味はないし、そんなもん導入するぐらいなら運賃下げろとか、パスネット と統合しろとか、時差回数券を導入しろとか、まあ、いろいろ言い分はあるのだけれど、何が気になるってあのペンギン。しかも蓋をあけてみれば、テレビ CM では、僕の尊敬する数少ない芸能人 なぎら健壱 がペンギンを演じて(被って)いる。それだけで、この際積極的に、Suica を導入していきたいと思っているのである。

僕としては、あの品川駅とおぼしき改札で(違うかな?)なぎらペンギンに Suica の使い方を教えて欲しい。タッチ&ゴーだ。

注:Suica は、首都圏の JR のみでの導入だそうです。

トロッコ道

Photo: 2001. Yakushima, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/35, Fuji-Film RHP III
Photo: 2001. Yakushima, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/35, Fuji-Film RHP III

「洒落になんね?」

登山ルートの入り口に立った我々の、最初の感想である。うち捨てられたような、トロッコの軌道。手元にある、ペラペラの案内図(観光センターでも らった)によれば、この線路に沿ってひたすら 2時間ほど登り、そこから更に山道を 2時間ばかり辿ると、目指す縄文杉にたどり着くらしい。午前 7時、朝霧が晴れ、太陽が眩しく差し始めた。つまり、登山を始めるには、ちょっと遅くなってしまっているということだ。果たして、日没までに下山できるの か?


目の前の沢にかかる、危うげな橋。枕木には杉板が渡されており、なんとか歩けるようになってはいるものの、手摺りらしきものは無し。勝手に歩いて勝手に落ちろ、的な風情。実に、縄文杉に向けての登山は、この橋梁から始まるのだ。

「こんな道ばっかりなのか?」

そして、こんな道ばっかりだった。3つめから、僕は橋の数を数えるのをやめた。でも、人は慣れる。やがて僕たちは、この手の橋や、危なっかしい崖道に慣れた。(横風が強いときは、ちょっと恐かった)

そして、ついには、単調なトロッコ道に飽き始めることになる。


注:写真は、コースの中盤あたりにかかる橋梁。最初は、写真を撮る余裕なんてないです。見た目、普通の線路のように広く見えますが、実際はトロッコ用の線路なので、えらく狭いです。そして、板はガタガタしています。