突堤マニア

Photo: 突堤 2001. Yakushima, Japan, Nikon F100, AF ZOOM NIKKOR 35-105mm F3.5-4.5D,, Fuji-Film RHP III
Photo: "突堤" 2001. Yakushima, Japan, Nikon F100, AF ZOOM NIKKOR 35-105mm F3.5-4.5D,, Fuji-Film RHP III

突堤、道の終わり。

屋久島で、昼メシを食べようと立ち寄った浜。観光シーズンはとうに終わって、店はひっそりと静まり、人影は見えない。遠くで、護岸工事をする重機が唸りを上げていた。景色は霞んだ薄い光に包まれ、空は低く、空気は潮でねばねばしている。

両側は、砂浜だ。この消波ブロックが無ければ、砂はじきに失われてしまうだろう。砂浜は、この醜い腕に抱かれて、どうにか生き延びている。

この浜に、ウミガメは卵を産みに来るという。何故こんなところに、長く旅をしてまでやって来るのか。茫洋とした黒い海を眺めながら、僕は突然、心が寒いと思った。


僕が撮る写真には、これといったテーマも思想もないけれど、突堤を撮ることは多い。その有無を言わせない隔絶が、僕を引き寄せるのかもしれない。

しかし、突堤は、行き止まりではない。僕は振り返って、再び歩き始めた。


注:とっ‐てい【突堤】 陸岸から海中または河中に長く突き出た堤防状の構築物。港・湾では防波堤とし、河口では水深を維持するための防砂堤とし、海岸では人工的に砂浜を作るために用いられる。[株式会社岩波書店 広辞苑第五版]

あれから数ヶ月

Photo: 2001.7, Suma, Kobe, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/35, Fuji-Film TREBI 400
Photo: 2001.7, Suma, Kobe, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/35, Fuji-Film TREBI 400

そして、あれから数ヶ月。茶碗夫婦のだんなから、

「また遊びに来ないか?」

という誘いが来て、夏の須磨を思いだした。海。砂は熱く、空は高く、汗が流れ落ちた、そんな夏のことだ。


結局、いろんなことが重なって、その誘いを受けることはできなかった。関係の中で生きる僕たちの時間は、いつの間にか、自分だけのものではなくなっていく。不自由なものだ。

そうそう、以前書いた、腕の良いバーテンは、昔の店に帰ってきたらしい。


街が、イルミネーションに飾られ始める頃に、また行こうと思う。あの街に。

水の島

Photo: 2001. Yakushima, Japan, Nikon F100, AF ZOOM NIKKOR 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film RHP III
Photo: 2001. Yakushima, Japan, Nikon F100, AF ZOOM NIKKOR 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film RHP III

そして、突堤から振り返ると、山が聳えている。屋久島の山は近くて、高い。そして、いつもぼんやりと、霞んでいる。

波打ち際から、山の麓まで、ほんの数キロ。周囲 130km、ほぼ楕円形の島の中心部には 44 の山が連なり、最高峰宮之浦岳は海抜 1,935m を誇る。

空港に降り立った瞬間に分かる、特異な地形。天候は、亜熱帯気候の麓から、亜高山帯気候の山頂部まで、目まぐるしく変化する。亜熱帯の太陽に暖められた蒸気が、山頂にぶつかり、亜高山帯の空気に冷やされて、雲をつくる。

あの山の上にたなびく雲が、年間 10,000mm とも言われる雨と雪(!)を、もたらすのだ。


屋久島は、水の島だ。太陽に照らされ、黒潮から沸きあがる蒸気。それはやがて沢山の雲になり、沢山の雨をもたらす。雨は川を下り、きらめく黒潮の海に帰る。

テンピュールマットレス

冷蔵庫の中で、ひっそりと紅茶キノコを育てている熱心な健康マニアの皆さん、こんにちは、羊ページです。実物を見たことがないので、育てている方は、是非切れ端を送って下さい。(嘘)

さて、まったくもって大不評の快適生活用品レビューの第二弾をお送りします。


・Tempur Mattress(日本仕様)

世界の寝具マニアに絶大な支持を受ける、テンピュール枕。NASA で開発された新素材(重要)をもとに生み出されたテンピュールが、その原材料だ。一晩使ってみれば明らかだが、非常に快適、テンピュールって素晴らしい。 そのテンピュールで、マットレスをつくったら、さぞや極楽だろう。ということで、今回ご紹介するのは、総テンピュール製のマットレスである。

テンピュールマットレス、それは数あるテンピュール製品の中でも、まさしくフラグシップ。重さ 40kg のテンピュールの塊には、そんじょそこらの健康グッズにはない神々しさがある。人生の選択に於いて、常にフラグシップを求めてきた羊ページ管理者として は、是非とも入手しておきたいアイテムだ。

しかし、そうは言ってもこのマットレス、洒落で買うには高すぎる。(10万円)テンピュール枕ユーザーは身の回りに沢山居るが、マットレスを持っている者はさすがに皆無。(10万円)でも、きっと快適なんだろうなぁ、腰痛に効くんだろうなぁ。(10万円)


さて、結論から言うと、もはやこれ以外のものに寝る気がしない。(つまり買ってしまったわけだ)もちろん、楽天市場の決済画面で、僕はしばし固まった。しかし、その日、僕は疲れており体中が痛く、落ち込んでいた。この疲れを少しでも癒せるものならば、10万円くらいは惜しくない。この「決定」ボタンを押しさえすれば、、。

「えぃっ!」(ブシュッ)

そう、勢いがないと、これは買えない。

感想。テンピュール枕を使っている方への説明としては、「あの感じが全身に」というしかない。テンピュールしていない人には、説明のしようがない。しかし、買ってしまえば、、天国。快適な商品である。

評価:strong buy.


注1:「NASAで開発された」のではなくて「NASAで開発された素材を元に開発された」という、微妙な感じがポイント。
注2:既に、半年以上使っているが、その評価は高くなるばかり。特に、腰痛はかなり軽減された。ただ、体は慣れてしまうので、出張などで違うベッドに寝たときに、「う?なんか苦しいかも」と思うわけだ。
注3:羊ページは、なにかの怪しいネズミ講サイトではありません。これを読んで、テンピュールマットレスを買う・買わないは読者の方の勝手です。ちなみに、結婚を機に導入した人が身近にいることを参考事例として挙げておきます。

これは「エーゲ海」ではない

2001. Yakushima, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35, Fuji-Film RHP III
2001. Yakushima, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35, Fuji-Film RHP III

エーゲ海。

いや、これは「エーゲ海」ではない。「エーゲ海」に行くはずだった僕の夏休みは、ギリシャ大人気、飛行機に空席なしという事態により、「トルコの旅」に変わった。まあ、トルコも悪くないよね、と思っていた直後の米国同時多発テロ。その影響でトルコ行きの飛行機は飛ばず、結局、どこにも行けなくなっ た。

どうしよう?どこにいこう?


屋久島は、鹿児島空港からプロペラ機で 40分。黒潮のど真ん中に立ちふさがるように位置する、南の島である。東京からわずか 3時間、なんの実感もないままに、僕は屋久島の上に立っていた。屋久島に行くと決めたのは、つい一昨日のこと。理由なんてない、遠くに行きたかっただけ。Web でチケットを買って、カメラと着替えだけを背負って、ここに来た。


パシャパシャと護岸を濡らす波に照り付けているのは、南国の太陽。突堤を歩く僕の背中を、ジリジリとやいている。水は、南色。