もう充分

Photo: 2000. Shimanto, Japan, Nikon F100, AF Nikkor 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film
Photo: 2000. Shimanto, Japan, Nikon F100, AF Nikkor 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film

水は、至る所からわき出していた。岩の隙間の柔らかな苔の縁から、あるいは、灌木の生い茂る山肌から。

たどっても、たどっても、結局は源流なんてものは無かった。水の湧き出る岩の隙間。その先には山の奥深くに伸びる帯水層があり、その上には雨に向かって枝葉を広げる山の木々がある。そして、見上げると、空がある。全ては、繋がっている。

答えは、簡単だった。


急傾斜の岩場にしがみつきながら、上に向かってのろのろと進んでいると、うっそうとした森に、眩く太陽が差し込んだ。それまで、しっとりと深い緑に覆われていた水の流れが、キラキラと輝き、黄金色に染まった。

何もかもが、はっきり見えた。柔らかい苔の葉が、太陽の光を吸って、呼吸している。水は、一時の休みもなく形を変えながら、その上を流れていく。

僕は必死にカメラのシャッターを切り、山が旅の最後に与えてくれた輝きを、フィルムに刻みつけた。ファインダーを通して、暖かい光が、僕の顔を照らした。


一時の後、光が弱まった。また、雲が山頂を覆ったのだ。水の音は、まだしていた。山は、まだ上に続いていた。

なんとなく「もう充分だろ」と言われている気がした。僕も、「うん、そうだね」と思った。カメラの水滴を払い、もう一度、その神秘な生き物の姿を振り返った。

四万十川遡上の旅は、終わった。

幅10センチ

Photo: 2000. Shimanto, Japan, Nikon F100, AF Nikkor 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film
Photo: 2000. Shimanto, Japan, Nikon F100, AF Nikkor 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film

今、目の前に勢いよく流れている、幅10センチほどの流れ。これが四万十川の、源流だ。

周囲は、既に30度程の傾斜になっていて、一面苔生した岩肌。なぎ倒された灌木と雑木が、その隙間を埋める。足下は湿っていて頼りなく、水量が少な いとはいえ流れは速い。湿り気のある緑の香気に満ちた空気がなければ、頼りない急傾斜の岩肌に撮影用の装備一式を背負って取りついている恐怖を、感じたかもしれない。

しかし、あまりにも美しい苔の緑と、美しく透き通った水に僕は興奮し、恐怖を忘れ、高く高く登った。

クリーンエネルギー

Photo: 2001. Kashima, Japan, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Fuji-film
Photo: 2001. Kashima, Japan, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Fuji-film

電力事業というのは、第一に安定供給。必要な量を、確実に供給すること。それが全てだ。在庫切れは、許されない。

さて、風力とか太陽光線とか、そういう「クリーンエネルギー」というのは、まだまだ安定供給のニーズを満たせない。エコロジーブームに乗って、注目 されてはいる。でも、実際に電力需要を賄えるわけではない。言ってみれば、電力会社の客寄せパンダみたいなものだ。しかし、最初は電気そのものがサーカス の見せ物であり、客寄せのためのアトラクションだったことを思い出した方がいいだろう。


目の前に巨大なプロペラ、ここはカリフォルニアではない。鹿島の海辺には、デンマーク製の風力発電機が2基建っている。目を開けるのが辛いほどの潮 風に、直径48mの羽根が、ゆっくりと回る。流体力学と軽量化素材の進歩が生んだ構造物。風力発電にかけては、北欧勢が強い。フィヨルド周辺の過酷な自然 環境は、言ってみれば豊富なエネルギー源であり、その利用にかけては一歩先んじている。

そもそも、風車は3000年の歴史を持ち、人類にとっての古馴染みだ。そのお馴染みのテクノロジーが、再び人類の生活を支える日が来るかもしれない。

株価

株価、低いですね。皆さん、含み損なんか抱えてませんか?困りますよね、ほんとに。

関係ない話ですが、皆さん、マイラインは KDDI でしょ。

お願いです。マイラインは KDDI でしょ。

注1:本稿は KDDI の宣伝を単にご紹介しているだけであり、KDDI のサービスに関し、何ら推奨しているものではありません。