バーガーキング日本撤退

平日 65円マックをたくさん買っては、冷凍保存している皆さん、こんにちは、羊ページです。解凍後、臭いがきつい時には、ケチャップを大量にかけるといいらしいですよ。


さて、マクドナルド絶好調の陰で、バーガーキングが日本撤退だそうだ。撤退の大きな要因の一つに、外資系企業にありがちな、本国のオペレーションの 押しつけによる日本市場とのミスマッチがあるらしい。具体的に言うと、日本では巨大すぎる米国仕様の調理機を使わされて店が狭くなるとか、日本独自のメ ニューを認めてもらえないとか、そういうことだ。(同じ外資系に勤めるものとして、そこらへんのやるせなさはよく分かる)

僕の認識では、マクドナルドがハンバーガー界のカップヌードルであるならば、バーガーキングはハンバーガー界のまっとうなラーメン屋だった。ファーストフードは普段は好んで食べないのだが、週末になると、よく伊勢崎町のバーガーキングに行った。


遅い朝ご飯。店の中は家族連れや、いまいちぎこちない若いカップルなんかで溢れかえっている。ワッパーを買い(女の子には、ちょっとでかいんだよ ね、、)、ポテトも山盛り注文する。いかにもアメリカな感じのシートに座って、とりとめのない話をする。そして、ワッパーを喰う。ちゃんと直火でメラメラ 焼いた肉は、香ばしい脂の匂いがする。夜通し遊んで、ちょっと飛んでしまった頭も、でかいハンバーガーに食いついていると、なんとなく日常に戻ってくる気 がした。

そんなバーガーキングが消えてしまうのは、なんとも寂しい。変に米国ぶったスターバックスとかは個人的に好きじゃないけど、バーガーキングはある意味、アメリカ料理レストランとしてまともだったと思う。いいやつは、先にいなくなる。そんな感じだ。


ということで、去りゆくバーガーキングを惜しんで、羊ページでは「バーガーキングさようならフェア」を実施します。内容は、「まだしぶとく営業を続けている[バーガーキング新宿センタービル店]で、各自勝手にワッパーを食べる。」以上。新宿店は、3月中は営業しているみたいですから、おはやめに。

注1:バーガーキング ジャパン(株)の[公式ホームページ]がアップデートされていないため、詳細な閉店情報が分かりません。従って、ここに書かれている情報は不正確な場合があります。

錦天満宮

Photo: 2000. Kyoto, Japan, Nikon F100, 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film
Photo: 2000. Kyoto, Japan, Nikon F100, 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film

腹が減った。何を食べる?

でも、ここは京都。どんな店に入ったらよいのか、一見さんにはよく分からない。とにかく、四条まで行ってみた。

四条通に平行に走る、錦小路の商店街をぷらぷら歩いてみる。見知らぬ土地で商店街を歩くのはとても楽しい。京都だからって、なにか特殊なお店ばかり並んでいるわけでは無いのだけれど、でもちょと変わってる。

「卵屋」がある。卵屋?卵しか売っていない。いろんな種類の鶏卵を売っている。あるいは「餅屋」がある。看板に、「餅は餅屋で」と書いてある。本当だ。

そして、錦天満宮にたどりついた。眩い提灯が一面に提がって、まるでお祭りみたいだ。そんなお宮さんが、ファーストフードチェーンと路地を挟んで相対している。それも京都。


さて、その後見つけたとびきり美味しいお店。その話はまた今度。

清水寺

Photo: 2000. Kyoto, Japan, Nikon F100, 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film
Photo: 2000. Kyoto, Japan, Nikon F100, 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film

「清水の舞台から飛び降りる」の清水寺。メジャースポットだけあって、参道には観光客目当てのツーリスティックなお店が並んでいた。たちの悪い原宿みたいになっていて、うんざり。

それでは、いっそ老夫婦のやっている渋めの焼き物屋にでも行ってみようかと思うものの、いったいこの商品は昭和の時代からここに並び続けているのではないだろうかと思うような代物ばかり。

却下。


この日、京都は曇り空。朝から、湿り気のある、強く冷たい風が吹き付けていた。頭の奥がキンッと痛むような、そんな寒さだ。

清水寺は、小高い山の山腹に張り付くようにして建てられている。清水の舞台を過ぎて少し山道を登り、薄暗い空に5重塔のシルエットを望む。ススキが、一足先に過ぎ去った秋に取り残されたように、風に吹かれている。

なんとなく、池波正太郎っぽいシーンが撮れた。


山を下ると、湯豆腐を食わせる店があった。どんな豆腐が出てくるのかは怪しい感じであったけれど、湯気の立ち上る白木の桶に負けた。、、ん?店内はいっぱい?外の席?

目をやると、ふきっさらしの屋台で、カップルが寒さに震えながら薬味をつついている。「外の席」では、どうみても余計寒くなりそう。諦める。どこか暖かいところで熱燗と湯豆腐を、、。


そうこうしているうちに、F100(カメラ)の電池が低温に根を上げ、CPUがエラーを表示して動かなくなった。一眼レフカメラとはいえ、完全に電子制御されているため、CPUが動かないとシャッターも切れない。

進化は、時として脆弱。

フルカラー Visor

ハンドル名と、実名と、あだ名の区別がつかなくなっているネットエイジな皆さん、こんにちは、羊ページです。いっそ、メールアドレスに改姓してみてはどうですか?


「羊君!」

と呼ばれて振り向くと、そこには Visor に挿さったデジカメが光っていた。部署のシニアコンサルタントが、わざわざアメリカから取り寄せた Visor &専用デジカメモジュール。フルカラーVisorの液晶には、「へっ?」という顔をした振り向きざまの僕の顔が映し出されていた。

ああ、フルカラー Visor。少し待っていれば、日本でも、日本語版が買えるのに。たった、数週間の先行優位を見せつけるためだけに、わざわざアメリカから買うか。しか も、デジカメモジュール付きで。まあ、そういう「人柱根性」こそが、ハイテク業界をここまで育てたのではあるが。


いや、それにしても何かが違う気がする。「羊君」て。

僕はまさか会社に入ってから、自分があだ名で呼ばれるとは思っていなかったし、ハンドル名で呼ばれることになろうとも思っていなかった。更に言えば、「羊」と呼ばれるとは想像もしていなかった。それで反射的に振り向いた自分も悲しい。

もうすぐ5年目なんですけどね、入社して、、。

注1:シニアコンサルタントというのはコンサルタントの中でも偉めの人、つまりジジイである。
注2:Visor というのは Palm 互換の PDA。背面にスロットが付いていて、いろいろと役に立たないモジュールを挿して遊ぶことが出来る。言うまでもないことだが、カラーである必要は、あまりない。
注3:いつも羊と呼ばれるわけではありませんけどね。