オキテ、シュウマイ!

取引先の営業が、最後に僕たちを連れて行ったのは、フィリピンパブ。

その時既に、僕は眠さの限界に達していて、ほとんど意識がなかった。店の女の子達が、寝続ける僕を指して「この人はどこから来たの?何人?」と同僚 に訊いたところ、ためらいもなく「チャイニーズ」と答えた。おかげで、僕のコードネームは「シュウマイ」に決定したらしい。知らない間に、「シュウマイ」 と呼ばれていた。
「ウェイクアップ、シュウマイ!!」
「ガンバッテ!シュウマイ!!」
「オキテ、シュウマイ!」

薄れる意識の中で、「シュウマイ!」と呼ぶ声だけが聞こえた。

注:彼女たちの知っている中国語である、ギョーザ、シューマイ、シェイシェイの中から、シュウマイに決定したらしい。

シックな濃紺のベビーカー

仕事で表参道へ。

昼食を食べたレストランは、「シェフは今日はお休みですか?」というような味。真っ白の天井と、真っ白のクロス。それは、よかったのだが。

カフェのオープンテラス。友達と待ち合わせている若い母親は、超お綺麗。シックな濃紺のベビーカーから、彼女のお子さまが、僕を見てニコニコしている。

カラリと晴れた、午後。

エリートクラゲ

羊ページ管理者には、ピンポイントの好物がいくつかある。その一つが、中華料理の前菜でお馴染み、クラゲだ。従って、僕はクラゲにうるさい。

さて、今日食べたクラゲは、そんじょそこらのクラゲではなかった。言ってみれば、荒れ狂う東シナ海で厳しい訓練を受けた、エリートクラゲ。普通よ り、細く引かれたクラゲを、ごま油と少しの薬味で薄味、かつドライに仕上げてある。一口食べる。そして、それは口の中でポリポリするのだ。その歯ごたえ、 もはや、崇高と言ってもよい。

この一品。是非、クラゲ好きと一緒に挑戦していただきたい。じゃないと、猛反対される。一皿、1,750円もしやがるのだ。さすが、エリート。

Palmと街に出る

Palm と街に出るの巻。

まあ、前回は僕が 2時間半遅れたわけで、その点では、あまりとやかく言う事もできまい。一人で喫茶店に入ってぼんやりする、といった事が極端に苦手な僕は、改札を出ずに、待ち合わせの駅で時間をつぶすことにした。

そして今、昼下がりのホームのベンチに陣取っている。気の抜けたような、温い午後の日差し。向かいのビルの軒先で、追いかけっこをする鳩をながめて、1時間が経とうとしていた。

左手に持った Palm Vx は、ちょっとお洒落めの PDA。つるっとした、シンプルなデザインは、都心のホームの風景の中にあって、違和感を感じさせない。アルミニウム製、ダークシルバーのボディーは重さ たったの 110グラム。Palm という名前の通り、掌に収まってしまう。

少し文章を書いて、少し鳩を見て、少し人を見る。その繰返し。時折、電車が着くとまばらな人混みができあがり、そしてすぐに消える。

Palmの良い点は、こんな時間を使って愚にもつかない文章を書いたり、ちょっとしたゲームをしたりできること。文字を手で書く事が極端に減ってずいぶんたつが、Graffiti と呼ばれるユニークな手書文字を使って文章を書くのは、楽しい。

携帯が震え、待ち人の名前を表示する。ハトの観察時間はおしまい。Palm も閉じる。

以上。

自分勝手に

「羊ページもめっきり大きなサイトになって、文章も変わった。別に、良いとか、悪いとか、そういうことじゃなくて」

そうなのかもしれない。というか、そうだね、間違いなく。羊ページが「大きな」サイトかどうかはともかく、4年間の間に、読者の量は格段に増え、知らないうちにのしかかるものも大きくなった。のしかかる?

1997年のある日の[今日の一言]は、わずかに一文。「なんとなく、焼き肉。」だけで終わっている。今だったら、とてもじゃないけど、そんな風には書けない。別に、書いていけないわけではないけれど、書けない。

良くないなぁ、と思う。だから、なるべく自分勝手に書く努力をしよう。努力?やっぱりダメかな、、。