韓国の旅をふり返る

韓国の旅を振り返ってみる。

韓国は何だったか、と言えば、やはり食べ物だ。食事のよさでは、アジア圏では筆頭。(もちろん、僕は日本食が一番美味しいと思っているが)そして、韓国の食べ物と言えば、牛肉とキムチだ。

実は、韓国に行く前に、昔1ヶ月間韓国でソフトの開発をやったことのある先輩から「韓国は何でもキムチだ」と言われていて、「んなアホな」と思わないこともなかったのだが、行ってみたら本当にキムチだった。


まずは焼肉から考えてみよう。(考えるほどのことでもないが)韓国と言えば焼肉というイメージだが、これは確かにそうだ。韓国人が毎日焼肉を食っているわけではもちろんないが、焼き肉は旨い。というよりも、牛肉が(安いやつも、高いやつも)根本的に美味しいのである。

一口に牛肉といっても、国によって味の方向性は違う。例えば、日本の牛肉はわりと脂っこくて、半生ぐらいで食べるのが良い。悪名高いアメリカの牛肉は、どう調理しても味も脂も感じられないし、レアで食べてもどのみち固い。それに比べて、フランスの牛肉は、とにかく固いが、いちおう脂はある。ドイツの 牛肉はただの炭で、ああ、ソーセージにすればよかった、と後悔しつづけるような代物だ。別に、世界の牛肉を食べ尽くしている訳ではぜんぜんないが、少なくとも、和牛よりも美味しい牛肉なんて、僕は食べたことがなかった。

しかし、韓国の牛肉は、もしかしたら和牛よりも美味しいかもしれない。脂はあまりないし、食感が柔らかいわけではない。しかし、プリプリした歯ごたえと、肉の味の濃さが確かにある。そして、焼きすぎても(韓国の肉料理は、往々にして焼きすぎだ)、冷めても、そのプリプリ感は失われず、全然美味しいの だ。肉自体の脂が少ないから、焼肉にしても、日本で食べるよりも沢山食べられる(食べてしまう、というべきか)少なくとも、僕はあんまりしつこいのは嫌いだから、個人的には韓国牛の方が好きかもしれない。


で、次にキムチだが、これは日本の御新香、、ではなさそうだ。それは、おかずであり、味の傾向の基本であり、そして御新香の役割もある。韓国で何か食べると、小ぶりな平皿にキムチを入れたものが数種類は付いてくる。

(余談になるが、地球上でなりたくない職業の一つは、間違いなく韓国の皿洗いだ。ここの人たちは、驚くほど皿を景気良く使う。盛り合わせるぐらいなら、皿を分ける、というのが基本らしい。これは、別に高級な店に限ったことではない。大韓航空の機内食だって、街の500円ぐらいの定食屋だって同じだ。 まあ、キムチをごちゃまぜに出したりしたらまずいので、必然的に皿が多くなるのだろう。)

よく韓国のキムチは種類が豊富だと言うが、これに関しては僕にはよく分からない。なぜなら、韓国料理の味付けの基本は唐辛子。唐辛子で真っ赤に染まった野菜や肉は、いったいどこまでがキムチなのか、その境界が分からない。だから、日本人からみると、みんながみんな唐辛子味、つまりキムチ味なのだ。 だから、朝も昼も、夜も、キムチを食っているような気になってしまう。あぁー、もうキムチはいらない。しばらくするとそんな気になったりもする。

僕は食べなかったが、南大門の市場のあたりを歩いていると、昼時には店先で出前の定食を食べている人がけっこう多かった。出前は、長方形の金属製の お盆に料理を載せ、それをいくつか重ねた状態で、若い出前係りが手で運ぶ。ごちゃ混ぜの露天と、それに群がる人々、その中を器用にすり抜けていく出前持ち、、。なんともアジアの混沌といった感じの景色が繰り広げられている。少し失礼とは思ったが、食べている人のお盆の中をのぞいてみると、どんぶりのご飯に、メインのおかず(野菜炒めとか、レバニラ炒めのようなもの、あるいはカレイのから揚げ等)、そして、そこに4皿ほどのキムチがついている。これって けっこう美味しそう。

ところで、食事の度に景気良く出てくるキムチというのは、全部食べきってしまうということはないのだが(地元の人でもそう)、これって残りは捨ててしまうのだろうか?あるいは、使いまわされるのだろうか。焼肉店などで出てくる食べきれないほどのキムチの残りは、いったいどこにいってしまうのだろうか。さすがに、ごみ袋をあさったりすることは出来なかったので、真相は謎だが、あの調子で考えると、莫大な量の食べ残しキムチが捨てられているはずだ。僕の勘ではそのうちの幾らかは、鍋なんかに使われるんじゃないかと思うのだが、、。

韓国 その4

(今回の今日の一言は、旅先で書いたものを再編集して掲載しています)

韓国 その4

なんか、いままでの韓国からの「今日の一言」を読むと、飯食って、買い物して、酒飲んでるだけのように見える。まあ、いいけど。いささか更新をさぼっているうちに、韓国での滞在も今日で最後になってしまった。


さて、韓国人に「韓国の人は、毎日こんな昼飯を食べているのか?」と訊いた所、「そんなわけない」とのこと。今回は、特別待遇のようだ。昨日の昼食 は中華料理。意外なことに、同じテーブルの台湾人3人が、しきりに「料理が辛い、辛い」といって顔色が悪い。台湾には、唐辛子を使った料理はあまりないら しい。結局、6品目の「牛肉と野菜の細切り炒め極辛唐辛子風」が出てきたあたりで、いつのまにかいなくなってしまった。アジアといっても、食文化の幅は広 い。出されたメニューを全て食べたら、「日本人はなんでも喰うな」と言われた。確かに、そうかもしれない。


今日は、早めに仕事が終わった。韓国最後の夜ということもあって、お土産などを買いにゆく。韓国というのは、いくつかの財閥(例えば、サムソン、大 宇、現代、SK、LG等)が独占的な勢力をもつ財閥の国でもある。財閥は、あらゆる種類の事業をカバーしていて、車や銀行など日本でもおなじみの財閥的事 業があるかと思えば、「現代印の海苔」なんてものまである。あるいは、「現代高等学校」とか「サムソン駅」とか地名にまで財閥の名前が付いている。そうい うわけで、「現代百貨店」というところに行ってみた。

現代(ヒュンダイ)百貨店は、ソウルオリンピックのメイン会場に程近い、ソウルの新市街にある。新興住宅地の、ちょっと高級な西友、あるいは騒がしい伊勢丹といった感じのデパート。一通りみてみて、洋服類はいまいちだったので、とりあえず地下食品売り場へ。


やはりこういうフロアはお国柄が出ていて面白い。商品のレイアウトは、日本のデパートとほとんど同じ。向かって右手が野菜、奥が魚と肉、中央が乾き 物、左が乳製品とキムチ。推測だけれど、日本の百貨店を参考にしたレイアウトではないかと思う。野菜は日本とほとんど同じ。(心持おおきい気はした)しか し、鮮魚売り場にはいろいろ面白いものがあった。なんと言っても印象的だったのは、生簀の中の「ミニざめ」40cmぐらいだが、確かに生きた鮫が売られて いた。いったい、これはご家庭でさばいて食べるものなのか、、。そして、どういう風に料理されるのだろうか?100gで3,000ウォンなので、少し高級 品なのかもしれない(ハングルが読めないので間違っているかもしれない)

試食コーナーもあるので、所々食べながら歩く。肉類コーナーには、日本のスーパーにもありそうな「焼肉セット」みたいなものが売られていて、値段もお買い得っぽく設定されている。高級な焼肉やりたいのであれば、量り売りのもう少し高い肉を個別に買うことになる。

乳製品のコーナーの次には、お約束のキムチコーナー。販売員3名が割り当てられ、さすがの力の入れようだ。ここで、同僚の人と日本語で会話していた のが店員の耳に入ってしまったらしく、日本語でキムチの売り込み攻勢を受けた。キムチの類は、品数、量、ともに充実している。いかに韓国伝統の食品といっ ても、都市部では買って済ませてしまう人もいるのだろう。このデパートの周りに立ち並んでいる近代的な住宅には、キムチの壷は似合いそうにない。

で、お土産にこれはいいと思ったのは、「海苔」と「ロッテのお菓子」。韓国の海苔は、日本の海苔より粗目で塩味が濃い目。空港なんかで買ったら、 きっと高いのだろうがここで買えば(なんと言ってもここは地下食品売り場)山ほど入って一袋400円。本場(そう、いちおう本場)ロッテのお菓子もだいた い半値。僕は買わなかったけれど、キムチをお土産にするときは、水物だけに物凄く重いので注意が必要だ。

最後の食事は、やはり韓国っぽいものを食べようと、街の食堂にビビンバを食べに行く。この料理、いままで日本で食べた時には「美味しい」と思ったことは無かったのだが、やっぱり本場のは旨い。お値段は、5,000ウォン(500円)。

韓国 その3

(今回の今日の一言は、旅先から更新しています。そのため、誤字脱字、意味不明な部分があるかもしれませんが、「ライブ」ということで、勘弁してください)

韓国 その3

昨日で観光はおしまい。(というか、昨日は飛行機の都合上ぽっかり日程が空いてしまっただけなのです)今日はいちおう7時半に起きて、朝食を食べに 部屋を出た。あんまり食欲も無いので(昨日の夜に食べた宮廷料理がずっしり胃に残っていた)、ラウンジでオレンジジュースでも飲むことにする。注文してみ たら、なんと1杯12,000ウォン(1,200円)すでに価格体系が韓国に慣れつつあるので、「げー、高けー」と愕然。まあ、素敵に高くて、素敵に美味 しくはあった。

韓国人の英語力というのは、たぶん日本人とあまり変わらない。つまり、しゃべれる人はしゃべれるし、しゃべれない人もいっぱい居るという感じだ。そ して、発音はあんまり良くない。HYATTでは、さすがにみんな英語をしゃべるが、「巧い!」とは思えない。(人のことをどうこう言えないことは言えない が)

ラウンジのウェイトレスの(黒のスーツを着こなして、とてもカッコイイ人たちが給仕してくれる。いわゆる、香港マフィアの美人秘書みたいな雰囲気) 英語も結構きつい。僕はwaterとorderを聞き間違え、(「うぅぉーだー」と言っていた)、このガキ、こんな高いものをもう一杯飲ませようとはいい 根性だ、と思ったら、「注文はいかがですか?」ではなく、ただ「水をお持ちしましょうか?」と言われていただけだった。


全体的に言えるのだが、韓国の人は食事を大事にする。どんな安い定食でも、お盆を埋め尽くすぐらいのキムチやらなんやらが付く。で、今日の昼飯は、 仕事の合間に別室で食べると聞いていたので、どうせビビンバとかだろうと思っていたら、グラスに食前酒の白ワインがつがれ(飲むそばから、補給されるので 食事が終わる頃には、やや出来上がった)、香草をあしらったサーモンの前菜が運ばれ、優雅にフルコースが始まってしまった。ああ、明日も朝はジュースだけ にしよう。

デザートのアイスを、スプーンで突き崩している間に、既に眠い。ワインの飲みすぎ。そして、結局、ソウルの町並みをながめつつ(HYATTは、いわゆる山の手にあるのです)優雅なランチは1時間以上にわたって続いた。


したがって、夜はなにも食欲なし。ファーストフードで済ませる。キムチ、焼肉、冷麺、見たくない。夜の明洞もなかなか面白かったが、店員に愛想と言 うものがなく、商品をじっくり選ぶ気がしない。試着なんて申し出ようものなら、殺されそう。しかも、有名どころ(Nike, ラルフ、など。それぐらいしかない)は、午後9時でことごとく閉店してしまうので、注意したいところ。

韓国 その2

(今回の今日の一言は、旅先から更新しています。そのため、誤字脱字、意味不明な部分があるかもしれませんが、「ライブ」ということで、勘弁してください)

韓国 その2

今日もてきとうにソウルの街を歩き回った。蒸し暑い、という点ではソウルも東京も変わらない。今日は「デパート」と言われるところに行ってみたが、 そこは「デパート」の概念を覆すような場所だった。つまり、デパートの建物を建て、そこに露店を収容したような、そういう「デパート」なのだ。品物は多い し(shinjyukuと書いたTシャツもあったし、「めざせ横綱」というのもあった)値段も安いのだが、陳列というより積載といった方が良いような売り 方なので、結局なにを買っていいのかわからなかった。

市内の看板や案内表示は、ほとんどハングル。日本語はほとんどないし、英語で書いてあることも少ない。たまに、商店に日本語の張り紙がしてあるが、 「冷やし中華、はじめました」などという、非常に良くできたものから、「おいしい寒い麺」のように(冷麺のことのようだ)ちょっと困ったものまでレベルが バラバラだ。

言葉の問題で一番困るのは、地下鉄の券売機。表示が全部ハングルで、謎のボタンがいくつもついているだけ。(機械によってボタンの色や配置が異なっ ていたりする)しかも、先にボタンを押してからお金を入れていくという、日本では馴染みの無い(というか、ほとんど想像を絶する)操作形式のため、それに 気がつかないと永遠に切符が買えなかったりする。


日中の疲れもあったので、夜はホテルの地階のバーでゆっくりする。カンパリソーダとオレンジジュースベースのカクテルがとても美味しい。黒人のピア ノ弾きが、「カサブランカのテーマ(曲名忘れた)」や「ピアノマン」なんかを弾いている。ソウルのホテルのピアノ弾き、というのはどういう心境なのか分か らないが、とても楽しそうに弾いていた。

明日は、9時から仕事だが、起きられるだろうか、、。

韓国 その1

(今回の今日の一言は、旅先から更新しています。そのため、誤字脱字、意味不明な部分があるかもしれませんが、「ライブ」ということで、勘弁してください)

韓国 その1

今回は、出張で1週間ほど韓国に来ている。

お盆のトップシーズンということもあって、大韓航空のビジネスクラスという喜んでいいのか悲しんでいいのか、よく分からないもので行くことになった。もちろん、韓国に行くのは初めてだし、ビジネスクラスと名のつくものに乗るのも初めてだ。

朝1番の便だったのだが、いかしたエージェントが早朝6時7分新宿発のNEXをとってくれたため(めちゃくちゃだ)自宅から直で行くのはあきらめて、前日に杉並に住む友人宅にとめてもらった。

飛行機に乗る前に、ぜひ噂のビジネスクラスの待合室を見てみようということになった。そこでは、もちろん、ドリンクも食べ物もフリー。韓国行きの一 番機を待つ人たちで、室内はなかなかの盛況。しかし、お育ちのよい方々が多いせいか、室内はいたって静か。皿に食べきれないほど食事を盛ったり、べろべろ になるまでビールを飲んだりしている人はもちろんいない。金を払うと、静かな環境が手に入る。金持ちってうらやましい、と少し思った。

韓国へは、空路1時間50分。近い。


ホテルまでバスで約1時間。僕が泊まっているHYATTはソウル市街からは山ひとつ隔てた場所にあるため、何をするにも遠い。しかし、タクシーが初 乗りで130円で、しかもうんざりするほど乗れるのであまりお金はかからない。タクシーには2種類あって、黒いボディーの優良タクシー(初乗り300円) と、グレーのボディーの怪しいタクシー(初乗り130円)である。なんでこんなに値段が違うのかは、乗ればすぐに分かる。グレーのタクシーは、市街でも平 気で130kmぐらいでかっとばし、接触寸前の(事実ぶつかっているやつもあった)運転をする。間違っても助手席には乗らない方がいいと思う。たのむか ら、ミリ単位で車とすれ違うのはやめて欲しい。

午後は、南大門市場(アメ横を8倍ほどディープにしたようなところ)と、明洞(原宿と渋谷の中間のような場所、ただし4倍ぐらい健全)を見に行っ た。物価が日本の約半分(もしくはそれ以下)のため、気軽に買い物や、飲み食いができる。逆に、観光名所のような場所は少ないので、韓国には食事と買い物 のためだけに行くというやり方の方がいいようだ。

今日は、開放記念日。そのせいか、沿道には韓国の国旗が沢山掲げられている。しかし、日本でもそうであるように、特にそれが反日感情をあおったりするわけでもなく、特に若い人はなんにも考えていないようだった。

夜は焼肉。6,000円で価値観が崩壊するほどの豪華メニューと上質な肉が出てきた。確かに韓国の牛肉はおいしい。食感が「プリプリしている」とで も言おうか、とにかく変わっている。日本の牛とは明らかに違う方向性の美味しさがある。でも、あまりにも食べたせいで、もはや焼肉は見たくなくなる。