オムライスを食べる

「昼飯に、オムライスを食べるっていうのは、いいことだよ」
と友人は言った。
その時、僕はジャックダニエルズの水割りを飲みながら、目の前の大振りなオムライスをつき崩していた。
「そうだな、言われてみれば、いいな」
と答えた。

真剣に考えたことはなかったが、昼飯にオムライスを食べる、というのは、確かにどう考えても好ましいことのように思える。


「オムライスを食いに行こう」
僕の誘いに、友人は別に反対しなかった。

一杯飲んだ後のオムライスが美味しいというのは、意外な発見だった。僕と友人は、二人でオムライスを食っていた。

この洋食屋は、僕が昼飯にオムライスを食べに、よく来る店だ。新宿のとある交差点の一角に建っている。深夜ということもあって、店内はガラガラだった。外の景色は、見慣れた昼間のオフィス街とは印象が違って、まるで別の街のようだった。

街から雑踏は消えていた。時折、車がやや速めのスピードで交差点を走り抜けていった。


「おまえの店にも、オムライスは絶対置けよ」
将来はバーを開きたい、学生の頃からそんなことを言っている友人に、僕は言った。
「ああ」
当然、といった風に、彼は答えた。

「バーで、オムライスを食うのは、カッコイイからな」
新宿の某所で出される、このオムライスは確かにうまい。

分厚い卵の衣が、とろっと半熟になって、ご飯全体を覆っている。オムライスには、何故か熱々の味噌汁がついていて、そいつをすすりながら、とろとろの卵衣とケチャップご飯を混ぜて食べるのである。


すっかり食べてしまって、酒も飲みほし、店を出ることにした。この店の会計は少し怪しい。レジがあるくせに、ちゃんと使っている気配が無い。計算は、いつもレジの傍らに置いた電卓でやっている。

会計を払って外に出た。交差点の反対側にある交番では、誰かが尋問されているようだった。新宿の夜の空気は、ちょうど良い涼しさで、気分が良かった。すり切れ気味のレコードから流れる、時代錯誤なワルツが、今出てきたばかりの店内からもれていた。
「この店気にいった」
友人が言った。

ボスニアで起こっていること

今回の「今日の一言」は、あまり面白くない。日常が、面白くないモノにあふれていて、これ以上はウンザリだと言う人は、是非読み飛ばしていただきたい。


今、ボスニアで起こっていることは、おおざっぱに言って、ある民族の土地を奪い、殺し、暴行し、追い出す、というようなことだ。

こういう事は、歴史上、特に珍しいことではない。最も有名な、ホロコースト以前にもあったし、それ以降も何度も繰り返されてきた。そして、こういう歴史の汚点は、毎回あまり顧みられることもなく、ずっと犠牲者を生んできた。


ホロコースト。

ユダヤ人弾圧の事実は、当時、かなり早い時期から周辺国に伝わっていた。しかし、それを知る人々は、そのことを追求しようとはしなかった。

例えば、国際赤十字。赤十字は、ユダヤ人強制収容所の事実を知りながら、それに目をつぶった。彼らは、収容所に査察団さえ派遣し、その実態に気づきながら、組織的に黙殺した。(その恥ずべき事実をようやく認めたのは、戦後になってからだ)


世界は、そうやって戦争よりも目先の平和を選び、結果としてユダヤ人は大量に死んだ。

ユダヤ人は、ユダヤ人であるがために、人類史上、最悪の手段を尽くして殺された。その事実は、歴史の記憶として、今も残っている。しかし、もちろん、その後も同じような悲劇は続いた。

例えば、ユダヤ人国家イスラエルが、ヨルダン川西岸地区で、自分たちが過去にやられたのと同じことを、パレスチナ人に行ったのは皮肉なことだ。パレスチナ人は、土地を奪われ、金網とバリケードの中に閉じこめられた。ある者は逮捕・投獄され、殺された。


ユーゴスラビアはここ数年にわたって、ずっと戦禍の中にあった。

オリンピックが開かれた首都、サラエボは、一転して死の街になった。日本ではぜんぜん報道されなかったが、あの地域の戦争と殺人は、ここ数年間にわ たって続いてきた(ユーゴスラビアの紛争が日本人の興味を惹かない最大の理由は、現地の地名や人名が覚えにくいことと無関係ではあるまい)。

その長い戦争が、つい数年前にようやく停戦をむかえ、国境線が引き直された。しかし、それで決着はしなかった。また、虐殺が始まったのである。

それを見過ごすことは、恐らく、可能だっただろう。しかし、今回、NATOが選んだのは戦争だ。


僕は、今回の NATO の空爆を支持する。支持する、ということは、誤爆で非戦闘員に被害者がでても、支持するということだ。爆撃で死者が出る事と、民族浄化で死者が出ることの意味は違う、僕はそう考える。

反対することは簡単だ。あるいは、いろいろ理由を付けて判断を保留することもできるだろう。僕の「支持」は、NATO の爆弾でバラバラに吹き飛ばされた人には、とうてい受け入れられるモノではない。僕は、殺人者の支持者である。しかし、それでも仕方がない。


最近思うのは、物事を傍観し、責任を持たず、批判するだけということは、いかに簡単か、ということだ。そういう態度をとって、なおかつ、それを誇らしげにしている人々を僕は軽蔑する。日本の知識人や、学者には、そんな奴が多い。

とりあえず戦争っぽいものには反対しておけば間違いない、そんな計算が見え隠れしている。

ホームページ更新断念

「5月の雪」の管理者から、「ホームページ更新断念」のメールが来た。

僕のページの読者で、同時に彼のページも見ている人はきっと多いはずなので、非常に残念だ。理由はネタ切れと、Macを起動するのが面倒になったため、だそうだ。


ホームページを書き続けるというのは、それはそれは、かったるい作業である。

まして、エッセイなんてモノをメインにしていようものなら、更新の度にすり減る思いがする。「5月の雪」管理者がネタがない、というのは非常によく分かる。

滅多に反応のメールなんて来ないし(インターネットでWebを見ている人のうちで、ホームページの作者に感想を送ったことのある人は、何人いるだろうか?)、その割に、時間ばかりかかって神経も使う。

誰のために、何のために書くのか、分からないままに書き続ける。そして、少しずつ増えていくカウンターだけが、自分が何かをしているんだという実感を与えてくれる。

(だいたい、僕の文章は自己完結していることが多いので、もとから感想なんて書きにくいとは思う、、)


僕も、何度かこのページの更新をやめようと思った。しかし、やめてみると(ページのデータ自体を削除したこともある)、自分がこの世界に残す、何かカタチになるモノは、実はホームページぐらいしか無いことに気が付いたりした。

その他の理由もあって、僕にとって何かを書きそれを発表すると言うことは、結局、とても大切なことだ。


僕は、「5月の雪」の管理者に、なにがなんでも更新を続けろ、とは言わない。

それは、自分で決めることだからだ。しかし、もしリタイアされてしまうと、それはそれで寂しいことだ。一人で走るのは、面白くない。

棄権

選挙は棄権した。

かったるかったからだ。

選挙は、民主主義の基本であり、、とかそういう事を言われると、いちいちもっともな話で反論はできない。

しかし、わざわざ投票所まで行くのはとてつもなくかったるい。あれでは、棄権が多いのも無理はない。棄権しても仕方ない。

いや、もっと言えば、僕が投票に行かなかったのは、僕が悪いのではなくて、面倒な投票のシステムが悪いのだ。(もちろん、暴論なのは分かっているが、それでも思ったことは書く)


まず、投票所まで行かせるのが信じられない。電話でもいいし、インターネットだっていいだろう。郵送でもいい。自分の意志を表明する手段は、なにも一種類でなければいけないということはあるまい。銀行口座だって、電話で取り引きできる時代だ。

だいたい、現在の投票形態では、替え玉投票なんて簡単にできてしまう。身分証明の提示さえ求められない、あんないい加減極まりない投票で良いのなら、別にメールで投票したって悪くないと思う。


でも、なんでそうなる気配もないのだろう。

日本では、お役所というのは、まだまだ「御上」だからかもしれない。彼らには、市民に奉仕する義務があるわけで、我々はお客だ。お客の意見は、少々の無茶でも聞くのがサービス業というものだろう。

市民はわがままで良い。そのむちゃくちゃを、お役人は聞くべきだ。それは、「市民の良識」とか「基本的人権」とかそういうカッコイイ(そして、イライラさせられる)事ではない。
「金払ってるんだから、ちゃんとやれボケ」という、極めて単純な話だ。

クリケット。

プロ野球開幕。

もちろん、僕は何一つ興味がない。スポーツ新聞の一面に「プロ野球の開幕」の見出しが出ることと、近所のラーメン屋に「冷やし中華はじめました」の紙が貼られることは、僕の中ではほぼ同じ扱いである。
「そうか、始まったか。」

それはさておき、日本ではその存在さえ認知されていない、しかし海外では人気の、野球のように見えなくもないスポーツがある。

クリケット。

そのクリケットが、最近、僕の興味を引く。明らかに、「プロ野球」や「冷やし中華」よりも、興味深々だ。


まず、ルールがよく分からない。

試合の様子を見るに、野球のようなゲームに見える。(マラソンか、野球か、といえば野球だろう)やたら硬そうな球を、角材みたいなもので打ち、打たれた球をセーター姿のおっさんが必死に追いかける。(おばさんや、おねえさんが追いかけているのは見たことが無い)

観客は(メジャーリーグ並にスタジアム一杯に観客が入っている)熱狂し、そのうちに勝敗が決まる。しかし、なにがなんだか、全く分からない。これ が、点数で争われるスポーツなのか、あるいは、その硬そうな球に対して最も勇敢に立ち向かった者が勝利するのか、それすら分からない。


今までの人生を振り返ってみても、高校にも、大学にも、クリケット部とかクリケット同好会みたいなものは存在しなかった。この日本で、ポロ部やポロ 同好会をつくるのは、非常に大変だと思うが(個人で馬を所有している部員を何人も集めるのは、容易なことではなかろう)、クリケット部やクリケット同好会 (この際、クリケット研究会でも良い)の結成にも同じような困難があるのだろうか。

しかし、クリケットは、某先進資本主義国(並びに、その植民地と元植民地)ではかなり注目度の高いスポーツのようであり、Japan Times などには、ちゃんとクリケットの記事や、昨日の試合の結果が載る。ナショナルチームの試合などがあるところから考えるに、国の威信を懸けて闘ってしまうよ うな、そういう次元のスポーツのような気もする。


うーん、クリケット。

クリケットとはなんなのか、ご存じの方はお気軽に情報をお寄せ下さい。