たぶん、それはニュースにすらならない

最近の湿度の高さというのは、もはや殺人的。とにかく気分の悪い、じっとりした空気が街中にたちこめ、なにもかもが嫌になる。たかが湿度で気分がこんなに変わるのだから、しょせん動物なんだなとも思う。

冷房の寒さでは、並ぶもののない某私鉄でさえ、最近はクーラーの利きが甘い。そこに、うるさいおばちゃんとか、携帯で話すやつとかがいると、車内のイライラした空気はさらに倍増。

そんな中、僕が乗っていた電車に、人が飛び込んだ。

突然、急ブレーキを感じると、電車が止まった。窓の外は、急行は通過するはずの駅。嫌な空気。「電車が人と接触したため、現在救出活動を行っています。」というアナウンスが車内に流れる。

その時、僕の前に立っていた女性が、電話をかけ始めた。
 「あー、もしもしぃ、いま電車とまっちゃってるんだー。30分ぐらい遅れるからぁー、、、」
 僕は彼女に対して、むかついたりはしなかった。ただ、数十メートル先か、もしかしたら自分の足下で、人が生死の境にいるときにも、やはり、そんなことには関係なく、世間は動くものだ。そういうことが、凄く分かってしまった瞬間だった。

電車は、15分で救出(もしくは、回収)を終え、20分遅れで動き始めた。翌日の新聞には、その事故の話はでていなかった。たぶん、それはニュースにすらならないんだろうね。

You are perfect for me.

映画を見ていたら、「You are perfect for me.」という台詞があった。

日本語にするとかなり恥ずかしい(英語でも恥ずかしいが)けど、、、。無理矢理訳すと、「私には十分よ」とかそんな程度になるのかもしれない。

perfect な人というのは絶対居ないのだろうが、「You are perfect for me.」と言える人はどうだろうか。

アランチャ・サンチェス・ビカリオ

テレビでフレンチオープンの中継が始まると、夏が近づいた気がする。

女子シングル決勝、アランチャ・サンチェス・ビカリオ対モニカ・セレシュの試合を途中から見た。

サンチェスは、なんだか痩せてしまって(かなりがっしりしていたハズなのだが)昔の憎々しげな、イメージがなくなっていた。

最近影の薄かったサンチェスだが、凄く良い試合だった。僕の中では、サンチェスというのはグラフの優勝を阻む悪玉なのだが、今回の試合に限っていえば、チャンピオンにふさわしい試合だった。

どんよりと曇ったローランギャロスの空に太陽は輝いていなかったけれども、夏を感じさせる試合だった。

突然寒い

6月に入って、突然寒くなった。

今日は新宿あたりに出かけたのだが、人混みの中でも肌寒いぐらい。天気が悪いせいか、喫茶店も飲み屋もごった返していて、どこもかしこも騒がしい。

こういう時、行きつけの静かな場所を幾つかつくっておくと良いのだと思う。今日は、そんな店に行ってのんびり過ごした。