本を置いておくところが無くなって、図書館に行ってみる

本を置いておくところが、もう無い。

もともと、本が多かったのを反省して、引っ越しを機に、本棚は小さいものを買った。そして、あっという間にいっぱいになってしまった。本というのは捨てづらいし、売るのもなんか嫌だ。Kindel は持っているけれど、英語書籍を読む修行用端末だから、日本語コンテンツは入れない。

図書館に行ってみたらいいんじゃないか、ある日、唐突に思い立った。

意外と近所にあった図書館は、ビックリするほど近代化していた。図書カードはバーコード付きカードになり Suica に統合可能、RFID を使ったセルフ貸出システム。

実際に通い始めてみると、僕の中の図書館のイメージはいろいろと変わってしまった。貸出の量が書籍だけで 20冊ぐらいと多い上に、延長含めて 1ヶ月貸してくれる。区によっては在住・勤務でもなくても利用でき、ネットで検索・予約・延長手続き可能。取り寄せた書籍が来ると、メールでお知らせ。もちろん、利用料は無い。こんなに太っ腹なのか。


そして、一番いいのは、本が手元に残らない。これに尽きる。昔は収集するのが好きだったけれど、今は、なるべくモノを持ちたくないと思っている。

失敗を恐れず、もし「買う」のだったらためらう本を、手に取ることができる。内容がかぶるのを恐れずに、同じようなジャンルの本を何冊も借りてみたり、聞いたことのない作家のエッセイが面白かったので小説の方を借りてみたり。

図書館は、例えば、今話題の本を借りる、というのには向いてない。「桐谷さんの株主優待生活」は当面、僕の番は回ってこない。しかし、より長いスパンで驚くほど優れた、思いもよらない本に出会うには、とても良い場所だった。ビー・ウィルソンの「キッチンの歴史」はそんな意外な本の一つだった。箸やカラトリーの出現が、人間の骨格やかみ合わせを変えた、なんて思いもよらない考察だ。

当たり前のことだが、本は Web に比べて、検索性を始めとして情報へのリーチの容易さに圧倒的に劣るし、速報性も無い。しかし、知識の鎖の長さや内容の普遍性、という部分では Web を圧倒する。

そして、なんというかよくよく観察してみると、下世話な話だが、頭の良い人達とか、お金持ちな人たちって、図書館を使っているんだということに気がついた。


そういえば、どの図書館にも掲げてある、このミッション・ステートメントは、知識に対する人類の思いを宣言している。静寂のつつむ図書館で、この宣言を見た時に、僕が図書館に何の関心も持たずに過ごしてきた10年以上も、やはりこのミッションが守られてきたのだと思うと、よくやっててくれたなぁ、という気になる。どんな街場の図書館も、この実践なのだ。

図書館の自由に関する宣言(抄)

図書館は、基本的人権のひとつとして知る自由をもつ国民に、資料と施設を提供することを、もっとも重要な任務とする。この任務を果たすため、図書館は次のことを確認し実践する。
第1 図書館は資料収集の自由を有する。
第2 図書館は資料提供の自由を有する。
第3 図書館は利用者の秘密を守る。
第4 図書館はすべての検閲に反対する。
図書館の自由が侵されるとき、われわれは団結して、あくまで自由を守る。

Band of Brothers

huluに、Band of Brothersが来ていることを知って、通しで見てみた。一話完結で無いものを全部見るなんて、VODじゃなければ無理だ。だから、所々しか見たことが無い。


戦闘シーンは高圧縮のストリーミングと言うことを考えると、随分辛いと思うが、ほとんど問題ない。

いろいろな部分の作り込みが凄いが、脚本もいい。表題の”Band of Brothers”と言う言葉を、敵将に言わせているのは、フィクションなのだろうが、よくできている。

バルジの闘いで出てきた戦車が、意外とまともだった。例えば、ヒトラー最後の12日間に出てきた、やばすぎる形のタイガー I型、プライベートライアンのタイガーも酷かった。それが、かなりちゃんとしていたのは、感心。怪しい形の三号突撃砲は、何のカモフラージュもしないで、あの時期の西部戦線を走っていたのか?とかいろいろ思うところはあったが。


でも、連合国視点のドラマとしては凄くよくできている。同じ年代を描いた日本の戦争映画の、あまりにも画一的な「戦争とはこうだ!」みたいな描き方とは決定的に違う。ドラマ自体が、複数のメンバーのインタビューから構築されている事から生まれる、厚み、なのだろうか。

いろんな人物が出てくるが、組織とか考えていると、指揮官になっていくウィンターズの視点というのが、余計に目に付く。平から士官になっていく様子のリアリティーが、ほとんど会社の中で見る誰かの人生みたい。もともと、現代の会社というのが、軍隊をモデルにしているのだから、それはそうか。

上に見せる実績をつくりたい上官と、現場との齟齬を調整する下士官。組織の永続的なテーマ。そして、そうした、諸々を押し流すのが、歴史の流れだったり。あるいは、会社ではなかなか無い(まったく無いわけでは無い)、戦死だったりする。

そういえば、24も結局は究極のサラリーマンドラマにしか見えなくて、途中で嫌気がさしたな。

Lightroomがあれば、センスとかいらないんじゃ無いか

Fried tomato salad
Photo: "Fried tomato salad " 2011. Tokyo, Japan, Ricoh GR DIGITAL III, GR LENS F1.9/28.

写真管理のソフト、幾つか試してみて、Adobe Lightroom 3 にした。王道と言えば、王道だ。

元々、Apple の Aperture が良いかなと思っていて、Mac を買ったら Aperture だと思っていたのだが、リモートの Windows ファイルサーバ上にある大量の銀塩のスキャンデータをそのまま管理する事はできなそうで、諦めた。インターフェイスもちょっと馴染めなかった。

使って見ると、Lightroomは、ローカル/リモート合わせて 2万枚オーバーのデータでもまったくへこたれず、もっさりもせず、安定している。元の写真データを壊す心配なくいじれる、非破壊型のエディットポリシーの安心感も手伝って、非常に満足して使っている。


フィルタの適用も驚くべき速さで(Core i7が速いのかもしれないが)最初は色々遊んでしまう。結局、よく見た気のするプリセットのフィルタで、よく見たような写真が簡単に出来上がる。グレインノイズも生成してくれるし、周辺光量落ちも簡単だ。だから、あっという間に銀塩味のあるっぽい写真だって作れる。

つまり、機材のノスタルジーや、こけおどしのフィルターは、まったく意味ないのだ。もしかしたら、センスやスタイルすら、意味ないかもしれない。元の写真の差だけが、決定的なのだ。

ちょっと飛躍するが、今ほど、自分の足で歩いて、自分の目で見て、自分で撮る事が、大切な時代は無い気がする。結局、体感覚というか、そういう所の差異が、最後に来る。そんな気がしているのだ。

unlearn

新年おめでとうございます。

ふり返れば、去年は色んな事が変化した。ここ数年の苦心というのは、やっぱり unlearn することの難しさだったように思う。(日本語で表現したいのだが、あまり良い単語が浮かばない)

それが果たしてうまくいっているのか、あるいは、結局いつものパターンなのか、それは分からないけれど、なるべく自分が新しく居られるようにしたいなと思う。

それでは、今年もよろしくお願いします。