旅とblog(追いかけてくるRJ45)

旅とblogは相性が良い、ということになっている。blogはCMSの一種だから、それはそうなんだろう。でも、旅に出てまでblog書かないなぁ、という気分。数年前は旅先にFTPクライアント等を一式もっていって、更新とかをしてみたこともあったのだけれど、羊ページのサイズが大きくなってしまったことと、今時旅先で更新しても、別に目新しくないので最近はあまりやっていない。
AT&Tのグローバルローミングの番号をあらかじめ調べて、現地のモジュラージャックの形状も調べて、RJ11ケーブルを持って現地に。ネットにつなぎたいとホテルのフロントに聞いてもどうせ「ハァ?」という感じなので、あとは無理矢理モデムに繋ぐ。現地のAPにダイアルアップ。素直にモジュラージャックが出ている部屋もあんまり無いから、家具をずらしてコネクタを発見したり、あるいは、電話機を分解して中のRJ11を引き出して繋いだり、、。
そこまでやってアップすると、「おお!」という感じで、それだけで掲示板も盛り上がるものなのだが、最近は普通にRJ45の方が出ていて、インターネットにそのまま出られる。ATコマンドを駆使したりする余地もなく、目新しくもなく、誰でもできてしまうので逆にやる気が無くなった。もう辺境とかに行くしかないのだろう。
初めて中国に行った時には、噂の検閲付インターネットというのが興味深くて、blogを更新してみたりしたが、あまりにも変わったところが無かった。むしろ、社会主義国家のホテルにもRJ45が出ているという事態に、目眩すら覚えた。携帯なんかと違って、方式が全世界で同じだけに、IPのローミング能力恐るべし。

コメントを残す