肉の日

Photo: 肉と飯 2004. Tokyo, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8
Photo: "肉と飯" 2004. Tokyo, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8

今日は月に一度の肉の日だ。


今日は特別な日であるから、焼肉に誘う電話がかかってきたら、例え一番食べたくないものが肉だったとしても

「ちょうど、その事を考えていたんだよぉ?」

と言うべきなのだ。


郊外の焼き肉屋は、学生グループ、家族連れ、凄い行列。普段は行列してモノを食べるということは無いのだけれど、今日はちょっと遠くまで来てしまっ たのでおとなしく待っていることにする。この店、とにかく安い。2,000円も出したら、もう見たくないぐらい肉が食える。そして、ご飯はマンガ盛りだ。 山みたいになってる。


僕たちの隣に座った男二人連れは、30代後半といったところか。席を確保すると、迷うことなく山盛りの肉を注文。マンガご飯にも驚く風はなく、網一杯に肉を並べると、会話することもなく淡々とかつ手早く片づけていく。なんだこの人達は、焼肉のプロか?

「うちは待つ時間は長いけど、座ったら直ぐ出てくるのが自慢だからねー」

とおばちゃんが言うだけあって、注文するとあっという間に狭いテーブルの上が一杯になる。ここより高くて旨い店は沢山あるだろうけど、この値段でこの味と量は、滅多にないだろうなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)