五島列島福江島

Photo: 2003. Nagasaki, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8
Photo: 2003. Nagasaki, Japan, Sony Cyber-shot U10, 5mm(33mm)/F2.8

「あーちー」

暑い。ここは、五島列島(ごとうれっとう)福江島。なんで、こんなところに居るのか、自分でもよく分からない。空港ではチケットセンターの人に「すみません、ごしまふくえまで」と言って、「は、はぁ、、」と狼狽させた。というぐらい、わかってない。

そして、僕はここで犬を見ている。


思いつきでやってきたこの島で、なんだかガラガラの砂浜を発見する。

ここは、平均海水浴客数 2名という凄い浜。(気に入って、毎日行ったのだが、いつも泳いでいる人は 2人どまりだった)

この浜をヒタヒタ歩き回っている落ち着きのないヤツが一匹。「なんかクレ」と言っているようでもあり、その割には振り向くと居なかったり。お客にちょっかいを出して、海の家のおばちゃんに追い払われながらも懲りない。首輪もしていないし、毎日見かけるところを見ると、このあたりの野良なのだろう。 で、なんでこいつは、いつも濡れてるの?


この日、ぬれ犬は一体何をしているのかと暫く見ていると、反対側の砂浜に向かって泳いでいる。積極的に泳ぐ犬、というのは初めて見た。まさか魚を捕っているわけでもないだろうから、趣味?

注1:地元の人に、「あの犬泳いでるんですけど、、」と言ったが、別に驚いた風でもなかったので、趣味で泳ぐ犬というのは、島では一般的なものなのかもしれない。
注2:これだけお客がいなくても、この浜には「海の家」が存在する。凄い。

やんばる共同農場

Photo: 1995. Okinawa, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Fuji-Film
Photo: 1995. Okinawa, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Fuji-Film

沖縄本島北部、大湿帯(おおしったい)。やんばる共同農場。

裏山から水を引いた水道、手製の浄化槽。藍を育てて、手作業で染色。電気はきているし、電話も、車もある。けれど、夜は真っ暗。こんな山奥で、そんな生活をしようというのは、やはり変わり者なのだと思う。

僕たちがお世話になった家族は、この場所に数年前から住んでいる。少し年輩の両親と、その一人娘4歳。そして、飼い犬のポコ。めったに部外者の立ち入らない山奥で、ポコは天真爛漫に育っている。地面に何かを見つけたようで、なにやら遊んでいる。楽しそうだ。

(好き嫌いは別にして)作者は、子供と動物に強い。その強みを利用した、一枚。