0点のビッグマック

Photo: “BIG MAC in Malaysia.”
Photo: “BIG MAC in Malaysia.” 2014. Kuala Lumpur, Malaysia, Apple iPhone 5S.

世界のマックを食べるいつもの企画。

マレーシア、クアラルンプール国際空港でビッグマックを食べてみよう!セットにするのは、しつこそうなご当地メニューの、フライドチキン(Ayam Goreng McD™ )。

早速、ビッグマックの箱を開封。ひっくり返ってる。0点。

(2つ買って、2つともひっくり返っていた)

ウラジオストクでマック

Photo: "Burger with minced meatballs. (Translated by Google)"
Photo: “Burger with minced meatballs. (Translated by Google)” 2017. Vladivostok, Russia, Apple iPhone 6S.

色々な場所でマックを食べてきた。

ウラジオストクでも、おそロシアなマックを食べてみよう。と思ったが、ウラジオストクには、マクドナルドとスターバックスは無い。以上。


ハンバーガーチェーンとしては、フィンランドのヘスバーガーがメジャーのようだ。ロシアにフィンランドのファストフードチェーンが有るのは、意外。冬戦争とか、思ってしまうが、隣国だからまぁ有りなのか。

なんか夜はとってもイケてるらしい、クラブみたいな所でハンバーガーを食べる。ファストフードと違って、ビールが飲めるのが嬉しい。それにやっぱり、パンの部分がうまい。スパイシーに味付けられた付け合わせのポテトを食べて思ったけれど、やっぱりこの国の料理は味が濃い目。北国だからね。


ヨーロッパ的価値観だけあって、エアコンが効いて快適な室内よりも、クソ暑い外の席が人気。我々日本人にはモデルにしか見えないロシア人女子と、個体の見分けの付かないセルゲイ1号、2号のロシアメンズが平日の昼間から、カフェタイム。皆さん、何のご商売をされているんでしょうかね。。

マハラジャマック in ニューデリー

Photo: “Chicken maharaja MAC.”
Photo: “Chicken maharaja MAC.” 2013. New Delhi, India, Apple iPhone 4S.

世界のマックを食べるいつもの企画。

マックの入り口に、ターバンを巻いた警備員が立つ国、インド。もうすぐ夜の 9時になろうとするマックの中は、インドの若者達で結構混んでいた。中の民度はまあ、思って居たよりもマシな感じ。その価格帯を考えると、富裕層しか入れないのだろう。


ビッグマックは無かった。そもそも、いわゆる牛肉を使ったハンバーガーが無い。食べものの制限が厳しいインドだけに、そのメニューの有様は、世界共通度が高いマックにしては、えらくローカルな感じになっている。ビッグマックの代わりに、マハラジャマックといういかにもなメニューが燦然と輝いている。

オーダー。もちろん、生水から作られた氷が入るようなドリンクは頼まない。ダイエットコークなんて飲みたくないが、缶飲料一択。毎日ビオフェルミンを飲んで、善玉菌を増やして臨んだこの旅だが、生ものなんて絶対に食べたくない。


そのビッグマック然としたパッケージを開けると、見慣れたゴマ付きのバンズ。ガブリと食べながら、お、このレタスとトマトはよくよく見れば生野菜なのではないか。インドで生野菜ってあり得ないのではないか。もう食ってしまった、もう遅い。食べ進むしか無い。さらに、パティを味わう。もちろん牛肉ではなく、なにやら鶏の挽肉のように思える。それに、謎のスパイスの味付け。五香粉に比較的近いが、まったく美味しさとかけ離れた方向性の香り。カレーのダメなところだけを抜き出したような味わい。

大まかにいって、クソ不味かった。腹は壊さなかった。