ドアモードをアームドにしてください

In-filght entertainment box
Photo: “In-filght entertainment box” 2012. High sea, Apple iPhone 4S.

「ドアモードをアームドにしてください」
って何だ。

気にした事は無かったが、気になり出すと気になる。

あれはドアが開いた際に、脱出用シューターが自動展開されるモードに変更してるんだと最近知った。確かに、これから離陸しようという時に「脱出用シューターを自動展開モードにして下さい」とは言いづらいか。


それから、たまに座席の足許にある邪魔な「箱」あれは何だ。

飛行機大好きな友人に聞いて分かったが、あれはエンターテイメントボックス(多分、正確にはin-filght entertainment box)と言うらしい。あれがないと、VOD の映画なんかが見られないのだと。それにしたって、あれが足許にある座席に当たると、なんとも損した気分。21世紀なのに、真ん中座席にされた上に足許に「箱」だと、なんで自分ばっかりこんな目に遭うのかと、僻んだ気分。


そういえば、この間、かの Boeing 787 に初めて乗ったときに、タッチパネルで機材を操作している CA を見て、突然、ああ 21世紀になったんだなと思った。凄く、突然にそう思った。

台湾名物

Taipei in the dusk
Photo: “Taipei in the dusk” 2014. Taipei, Taiwan, Richo GR.

空港からホテルに着いて、言われるがままにタクシーに詰め込まれて、気がついたらかき氷屋の前。

前回台湾に来たときに、恐らくは水道水で薄められたタピオカティーでマーライオン並みの嘔吐を経験して以来、生水生氷の類は口にすまいと思ったのだが。


台湾名物マンゴーかき氷。更なるリスク上積みでミルク氷も選べるようだが、それはしない。なんか、洗面器みたいな器に入ってきた。冷凍物を使わないというポリシーのマンゴーは、確かに新鮮なマンゴーであるが、別に氷と一緒じゃ無くてマンゴーだけ食えば良くないか?というのは言わないでおく。

いくら名物のかき氷と言ったって、こんなに量が食えるかクソボケと、思いつつも何んとか食べ終えて街に出ると、さっきまで、焼けるような蒸し暑さだった街路が、なんのことはない、風の爽やかな普通の夕暮れ手前になっていた。

氷の力は凄いのだ。

足許を見る

Tokyo Tower
Photo: “Tokyo Tower” 2013. Tokyo, Japan, Apple iPhone 4S.

今日は疲れたなぁと思って、東京タワーを見上げて、そうして足許を見る。新しい靴は、まだあまり馴染んでいないので、少しきつく感じる。

ちょっといつもとデザインが違うやつなんだけど、それはそれで馴染んでいるよな。。ん。んん?なんか左右でデザインが違わないか?疲れてるのか。いや、間違いなく、違う。型番がちょっと違う。

靴を磨いたはずだけど、気がつかなかったけど、これ右と左で違う靴だよ!


人間て、日ごろいかに何も見ていないか、あるいは、自分がちゃんと見ていないか。無頓着にも程があると言うことか、あるいは、靴は同じハズという確信が、同じ靴に見せていたのか。それにしても、左右で違う靴を履いて歩き回っていたとは。

買ってから暫くほったらかしてあったので、レシートもとって無いしなぁと思ったが、店にまだ左右違いが残っているなら、買い取れば2足とも履けるようになるじゃん!名案!と思って靴屋に電話したらちゃんととってあった。

買い取るとは言ってみたものの、大変恐縮されて無償でお持ち下さいとの事。いつも同じ店で買うメリットって、こういう所にあるのか。

こうして晴れて、一度別れた左右の靴は、週明けにでも、再びまみえることができるだろう。