シウマイ弁当

もう一度、シウマイ弁当について書いておきたいと思う。シウマイ弁当とは崎陽軒を代表する駅弁である。なお、崎陽軒はシウマイ弁当しか作っていない と思っている方も居るようだが、実に色々な種類の弁当を発売している。また、崎陽軒は弁当屋だと思っている人も居るようだが、創業当時は売店のような店か ら始まり弁当は作っていなかった、現在はレストランなどもやっている。

シウマイ弁当(740円 – 2007年 5月現在)は、そのあっさりした見た目を考えるとなんだか割高に感じてしまうかもしれない。驚くようなおかずは入っていないし、パッケージも地味な感じ だ。しかし、実際に箸をつけてみれば、納得の工夫が凝らされた、クオリティーの高い弁当であることを納得いただけるのではないかと思う。また、1954年 発売の長い歴史を持つ弁当にもかかわらず、現在に至るまで細かなマイナーチェンジと改良が繰り返されている、進化する弁当でもある。


今回はエッセイではない。純粋に、シウマイ弁当について詳細に知りたいと思っている方のために書いている。ここに書いてある内容は、たまたま TVK か何かで目にしたシウマイ弁当の工場見学番組を見ながらとったメモと、公式 web サイトの情報、並びに私が今まで食べ続けてきた経験をもとにしている。なお、某掲示板にもスレッドが存在しているので、活発に議論したい方は、そちらを参 照するのも良いだろう。

それでは、シウマイ弁当の中身を順に見ていく事にしたい。


シウマイ

まず、シウマイ弁当の中核を成すシウマイである。崎陽軒のシウマイはその公式 web サイトにあるように、冷めても美味しいということを至上命題として開発されている。(実は、翌日フライパンに薄く油を引いて、焼くとこれまた美味しいとい うことは是非知っておくべきだろう)

その伝統のレシピは秘伝かとおもいきや、実は普通に web に公開されている。調味料としては塩、胡椒、砂糖のみを使用。北海道産のホタテ貝柱と、国産の豚肉が具の中核を成す。苦手でなければ、きちんと芥子を付けていただきたい。

なお、しつこいようだが、「シューマイ」ではない。「シウマイ」である。

ご飯

シウマイ弁当のもう一つの特徴は、おこわのような独特の食感のご飯だ。実はこのご飯は普通に炊くのではなくて、蒸気で蒸し炊きするという方法をとっ ている。そう言われれば、タイ料理などで食べる蒸しご飯に似た味がする。しかも、このご飯はなんと熱々のまま、弁当箱に詰められる。このような作り方は、 普通の弁当では絶対にできない。これは、シウマイ弁当の弁当箱として採用されている、エゾマツの経木の折がご飯の湯気を適度に吸い取るために可能となって いる。

お弁当の定番、俵型ご飯は車中でも取りやすく、中央には小梅が乗っている。今の電車はさほど揺れないし、冷蔵技術が発達して梅の防腐効果を期待するまでも無い時代だが、こうした部分にも手抜かりが無いことに清々しさを覚える。

あんず

シウマイ弁当の初心者が引き起こす悲劇が、このあんずをおかずとして誤って食べてしまうということだ。これはある種の通過儀礼と言っても良いだろう。確かに、何かの煮物に見えなくはない。しかし、これは最後の一箸に、デザートとして食すべきものである。

シウマイ弁当のかなりの面積を占めている筍。ちょっとビックリするぐらい沢山入っている。三温糖と醤油だけで 45分かけて煮られている。これはおかずなのか?という疑問を持つ向きもあるが、つまみとして考えるとなかなか優れていると言える。ビールと共に食べてい る時などは、余計に嬉しくなると言えよう。

鮪の照り焼き

二種類の生醤油で焼かれた照り焼き。当然冷めた状態だが、パサパサすることもなく美味しく食べられる。だいたい弁当の焼魚って美味しくないのだが、崎陽軒はこういう部分がちゃんとしている。味が濃すぎないのもたいしたものだ。

玉子焼き&鶏唐揚げ&かまぼこ

この 3つは、さくっと食べてしまうおかずトリオ。シウマイ弁当の緩い部分、とでも言えば良いだろうか。小さいながらも卵焼きは相当ちゃんとつくってある。崎陽 軒の他のタイプの弁当では、より大きく切られたバージョンの卵焼きが入っていることがあり、味わいをより容易に確認することができるだろう。唐揚げはあま り大きくないので、味はよく分からない感じでどんどん食べてしまうのだが、唐揚げ弁当並みに沢山あってもうまいのかもしれない。かまぼこは、かまぼこだ が、、何か工夫があるのだろうか。これは正直よく分からない。ラーメンに於けるナルトのような立場だろうか。

切り昆布&千切り生姜

漬け物の類は好きなのだが、何故かいつも最後にあまってしまう謎の漬け物コンビ。漬け物マニアとしては、シウマイ弁当で唯一、よく理解できないのが この漬け物セクションかもしれない。しかし、ほぼ食べ終わって名残惜しい感じが漂うなかで、ちまちまと昆布をつまむのもまた、シウマイ弁当の豊かな味わい と言えるかもしれない。


さて、シウマイ弁当について改めてふり返ってみると、全てにおいて「冷めてから美味しく食べられる」という大原則が貫かれていることが分かる。これ はお弁当の基本ではあるが、ここまで徹底的に考えられている弁当は、コンビニでの弁当のレンジアップが一般的になった現在では、少ないように思う。

崎陽軒は現在、期間限定のものも含めて、かなりの種類の弁当を提供しているが、やはり定番のシウマイ弁当には揺るぎない安定感がある。たまには趣を 変えようと、崎陽軒の他の弁当を食べてみたりして、それはそれでやはり美味しいのではあるが、一方でシウマイ弁当の完成度の高さには驚かされる。定番に甘 えない、おかずと、ご飯に対する工夫と確実な仕事が、シウマイ弁当を日本で最も売れている駅弁にしている理由であろう。そして、なによりもいつも同じ味わ い。これが一番大切なことだ。

遠い太鼓

Photo: 遠い太鼓 2007. Saitama, Japan, Contax RX, Carl Zeiss Planar T* 1.4/85(MM), Kodak GC 400-8.
Photo: "遠い太鼓" 2007. Saitama, Japan, Contax RX, Carl Zeiss Planar T* 1.4/85(MM), Kodak GC 400-8.

「遠足のお知らせが」来たので、遠足に行く。

お知らせの翌日が本番、というスケジュールだったので、集合したのは、OL侍(仮名)と、ホスト(仮名)と、僕。

天気は快晴、ちょっと普段は買わないような値段の私鉄の切符を買って、一路現地へ。大人の遠足は現地集合です。


遠くから太鼓の音が聞こえてきて、お祭りの気分がしてくる。畦に植えられた花が満開で、でも匂いはしない。

芝桜を目当てにした観光客で、この週末は一年で一番街の人口が増える数日間だ。田んぼ沿いの径に、人々の列が出来ている。

何も書くことが無いような、とても、平和な一日。沿道では、農家の人たちが、即席のテキ屋になって、冷やしたキュウリなんかを売っている。さらに は、シメジやら(特産らしい)、芝桜の写真やら、なんでもアリだ。そういえば、昼間に見るホスト(仮名)は、その濃いめのサングラスも相まって、なんだか テキ屋っぽいね。


それにしても、太鼓の威勢が良い。地元の人たちが、そろいの法被を着て、腕前を披露している。

「これが噂の、太鼓のエクササイズか?」

「それは、タイコビクスね」

さすが、OL侍(仮名) は何でも知っているのだな。