おはようございまーす!

 Photo: 渋谷、看板の張り替え 2003. Tokyo, Japan, Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.
Photo: "渋谷、看板の張り替え" 2003. Tokyo, Japan, Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.

朝の渋谷を歩く。天気が良い。平日のこの時間に何をするでもなく、カップルがうろうろしている。スクランブル交差点は、通勤する人でいっぱいだ。通勤?いったいどこへ?(答え:デパート)

この街では、ショーウインドウに映ったスーツ姿の自分が滑稽だ。まるで出勤するパチンコ屋の店員みたいだな、と思う。(パチンコ屋の店員はスーツで出勤するのかどうか知らないが)


頭上では巨大な看板に縄ばしごをかけて、ポスターの張り替え作業をしている。漠然と、何か、もっと凄いやり方で張り替えるのかと思っていたのだけれど、そんなベタなやり方で貼るのか。

新しいポスターが貼られ、新しい旗がつけられ、広場の装飾が入れ替わって、次の舞台が整う。この街はいつだってお祭りだから、常に華やかに塗り替えられていく。

得体の知れない汁で汚れた路上に佇む自販機でお茶を買って、飲みながら仕事場に向かう。


ちょっと早かったせいで、スタッフがあまりいない。急ごしらえで作られた「事務局」みたいなところで、「宣伝」と紙の貼られた椅子に、ぼーっと座っていた。

いかにもな「おはようございまーす!」という声にあたりを見回すと、僕しか居ない。そうか、ここはそっち側のルールが支配している場所か。


注:イベントとかコンサートとか、そういう人たちは、現場でなんかよく分からない人にもまず挨拶するというのが基本みたいだ。役割によって、細かく分業さ れているので、沢山の業者がからむことが多く、まともに紹介し合うこともなく現場は進んでいくことが多い。だから、まず挨拶という部分が大事なのだろう。 いくら人数がいても、無理矢理名刺交換から入る文化とは違う。

睡眠時間の短さを誇示する 80年代的価値観

睡眠時間の短さを誇示する 80年代的価値観から脱却できない、業界の皆さんこんにちは、羊ページです。


2日続けて、電車でちゃんと降りれなかった。僕は、めったに電車の寝過ごしはしないのだが、たまにやると果てしなく遠くに行ってしまう。学生の時 は、海まで行ったことがあるし、社会人になってからは、「なんで俺は温泉街に居るんだろう」ということもあった。反対側の電車を待つ気まずさと、その電車 の来なさ加減。

今度は、果てしなく旅に出ることは無かった。(終点が近かったからだ)でも、2日続けてというのは、僕にしてはかなりおかしくて、3日目の夜に案の定、体調を崩した。やれやれ。


このあいだ、テレビ局の人に、
「羊さん、ちゃんと寝てます?」

と言われた。その人に朝の 5時ぐらいにメールしたら、20分で返ってきた。あなたも寝たほうがいいと思うが。