加ト吉

2000. Shimanto, Japan, Nikon F100, AF Nikkor 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film
2000. Shimanto, Japan, Nikon F100, AF Nikkor 35-105mm F3.5-4.5D, Fuji-Film

源流を辿る旅は終わった。腹が減った。

国道沿いに巨大な水車が目に入る。藁葺き屋根の、観光客相手の食堂。そこで、昼メシにすることにした。


冷やしウドンを待っている間、清々と風に揺れる稲穂を眺めていた。頬をくすぐって吹きぬけた風が、田んぼを渡っていく。

隣では、外国人の家族連れが、行儀良く食事をしている。

古い農家を移築した店は、なかなか趣があって、年季の入った板の間にごろりとすれば、たちまち眠くなってしまう。


ウドンはわりと美味かったけれど、店の片隅には冷凍ウドンのダンボールが積んであった。

吹き抜けるゆっくりした風とダンボール、その 2つをよく覚えている。

宇多田ヒカルの音楽

Photo: 2002. Tokyo, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/35, Kodak Tri-X pan 400, F.S.,
Photo: 2002. Tokyo, Japan, CONTAX T3 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/35, Kodak Tri-X pan 400, F.S.,

宇多田ヒカルの音楽。

彼女の音楽は、かんばっているときに聴くと、とても気分が良い。がんばっていないときに聴くと、ちょっとつらい。

エネルギーがあるのだ、前に行く。そういうエネルギー。


宇多田ヒカルの新しいアルバム、Deep River は、発売日の翌朝に HMV.co.jp から届けられた。送料無料というのは普通だが、HMV はちゃんとポスターがついてくる。とりたてて欲しいわけではないが、ちょっとした手間をかけてくれるお店のほうが、良い。

さて、Deep River はなんというか、安心して聴けるアルバム。頭を抱えて聴くというのではなくて、かけっぱなして楽しむ感じ。日本語の韻を自由に使った歌詞が楽しい。


今回も Ted Jensen がマスタリングをしている。彼はもともと、マドンナや、坂本龍一などのアルバムをマスタリングした人だが、最近「宇多田ヒカルのマスタリングで有名」という記述を Web で見つけてびっくり。そういうものか、、。