爽やかなのかなぁ

Photo: 2001. Suma, Kobe, Japan, Contax T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35,Fuji TREBI 400
Photo: 2001. Suma, Kobe, Japan, Contax T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35,Fuji TREBI 400

なんか、最近の「羊ページ」は爽やかだ、というクレーム(?)が。

爽やかなのかなぁ、色が蒼いからかなぁ。最近、旅の話題が最近多いからかなぁ。


実際、僕は楽しくて順風満帆な人生を送っているわけではない。このページを書き始めて5年、いろんな目に遭いながら、あんまり変わりばえのしない、普通の生活を続けている。そして、書きたいことを書いている。

そして、また夏。


今は、なんとなく泣き言を書くのも疲れてしまった。そんな気分。

海を見ながら、考え事。こんな景色を見ながら、あんまり暗いことも考えられないし、悲しいことだって書きようがない。

でしょ?

ビーチパラソル

Photo: 2001. Suma, Kobe, Japan, Contax T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35,Fuji TREBI 400
Photo: 2001. Suma, Kobe, Japan, Contax T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35,Fuji TREBI 400

頑張って日焼けをすべく、日向に寝込む。

ディスカウントストアで買った緑色のビーチパラソルは、1,600円だったけれど、妙に快適。

涼しそうなパラソルの日陰を見ているだけで、カンカンに照りつける太陽もいくらか涼しくしのげる。(日焼けは根性)


なんか腹減った。

ここに来るまでに、実は、朝飯代わりにいろいろ買い込んできた。近所のマクドナルドでベーコンレタスバーガーを買って(あと、ポテトとコーラ)、王将で焼きたての餃子を3人前。それから、つまみを各種。もちろん、天狗印のビーフジャーキーも忘れない。

海辺でモノを食べると、なんでもかんでもコパトーン風味になってしまう。しまった、つける前に食べれば良かった。


あと、各自好みの銘柄のビールと、お茶のペットボトルも買ってある。こいつらは、保冷剤入りのクーラーバックの中で、冷えているところだ。僕は米の入ったビールが苦手なので、(日本酒や米焼酎は好きだ)キリンの素材厳選を飲んでいる。

口の中はホップで苦く、肌はチリチリ。

混んでいる海岸の定義

Photo: 2001. Suma, Kobe, Japan, Contax T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35,Fuji TREBI 400
Photo: 2001. Suma, Kobe, Japan, Contax T3 Carl Zeiss Sonnar T* 2.8/35,Fuji TREBI 400

そして、今年も「茶碗夫婦」の家に遊びに来た。(沖で手を振っているのが、茶碗夫婦)

彼らの家からは、海が、もの凄く近い。歩いて気軽に行ける距離ではないかもしれないが、車で行けば直ぐ。

世間の夏休みは、ちょうど始まったばかり。滅茶苦茶に混むに違いない週末、早起きして僕たちは海を目指した。


「ありゃ?」

なんだか、もの凄く空いている。人なんて、パラパラとしかいない。それを見た、茶碗夫は「混んでるなぁ」

つまり、関西と東京では、混んでいる海岸の定義が、かなり異なっている。砂浜は、静かで、そして熱かった。

注:写真の掲載にあたっては、事前に茶碗夫婦の了承をいただいています。(2 x 2mmぐらいなんだが)