卒論

卒論の時期だ。このページをご覧の方で、国際学科に入りたい人(いるのか?)この学科の卒論は必修です。

やはり、こういうものの基本は、締め切りに追われながら書くわけだが、ワープロの進歩のお陰で、体裁だけは整ってしまう。ああ、いい世の中になった。

お節介な善意

報道の真実という話を、するつもりは、ない。

しかし、この時代、いかに情報が信用ならないのかということを、いくらでも疑うべきだとは言える。例えば、このページに載せられている情報。分かり易い例で言うと、「フォトギャラリー」の写真である。

この写真、実は全て修正されている。もちろん、この場合は、ないものを書き加えたとか、何かを消したとか、そういうことではない。バランス補正やコントラストの調整、フィルタ加工などによって「見やすく」(脚注)されているのである。

もちろん、私は悪意を持って写真のスキャンデータを加工しているのではない。しかし、世の中で行われる「修正」の大半も「悪意のない」ものだ。むしろ、そこにはお節介な善意が満ちているのだ。

脚注:厳密に言えば、印画紙の上に再現される写真を、ディスプレイの蛍光体の上に再現されるコンピュータ画像としてそのまま取り込むことは、そもそも不可 能。画像をデータにする過程での劣化や、スキャナの「癖」などをトータルに考えて画像を加工するのは、仕方のないことだといえる。そもそも、1000枚の 中から任意で数十枚を選び、配置し、キャプションをつける段階から「修正」は始まっている。