マラッカ

Photo: 冷や汁 2010. Tokyo, Japan, Ricoh GR DIGITAL III, GR LENS F1.9/28.
Photo: Duch Square 2010. Malacca, Malaysia, Ricoh GR DIGITAL III, GR LENS F1.9/28.

運河にかかる橋を渡ると、まさに、ここは僕が成田空港で一週間前に買い求めた、ガイドブックに載っていた写真と同じ場所。マラッカ観光の中心であるオランダ広場だった。特徴的な、赤茶色の土壁が赤道至近の太陽に焼かれている。


一匹の痩せた子猫が、車道を渡ろうとあたりを伺っている。僕はとても嫌な予感がして子猫を遮ろうとするが、怯えたネコは一時停止している車の下に潜り込んでしまう。呼んでも出てこない、このままでは轢かれてしまうだろう。

同行者も気づいて子猫を呼ぶ、車をのぞき込む。ドライバーも気付いて、恐る恐る車を動かした。

刹那、車輪の間から子猫は間一髪滑り出して、元来た植え込みの方に消えていった。ホッとするが、あの要領で長生き出来るのだろうか。何かあったの?とスペイン人のオバチャンが僕に訊く。


「Kitty!」
「?」
「Cat」
「Oh..Gato」
「そうそう」

この東洋人達はちょっと不思議ね、という顔をされる。

オランダ広場は酷く暑い。ド派手なリキシャーのようなものが、沢山止まっている。アイスクリーム売りがキンキンと鐘を鳴らし、お土産売りの露店がとりどりの帽子を並べている。僕は、ガイドブックにある構図の写真が一体どこから撮られたのか、不思議に思って周囲を見回す。


露店の脇にひっそりある階段から、広場を見渡すバルコニーに登った。特に制止する物は無いのに、誰も登っていない。そう、ここから撮ったに違いない。実に、この広場を一枚に収めるのであれば、ここしかない。

ちょっと穴場っぽかったので、ひっそり撮って、ひっそり降りた。暑い、そういえば帽子を持ってこなかった。

マラッカ海峡

クアラルンプールのホテル、朝七時。
荷物は全部パックして、朝食を食べに降りる直前。南国の朝日はまだ弱く、少し雨が降っている。

使わなかったスーツのおかげで、バックはぱんぱんになっている。友達というにはおこがましいけれど、なんとなく心が通じるような相手が出来たことが、あるいは今回の一番の収穫だったような気がする。言語も人生も全く違う相手でも、技術に対する情熱とか、何かの共通点があれば、いろいろ分かることは多いのだと気づいた。

日本までの直行便は夜にしかなくて、それまでの時間を使ってマラッカに行ってみようと思う。
僕はもちろん、マラッカがマレーシアに属していることを知らなかったし、昨日の日中まではそこに行こうとも思っていなかったのだから、少し不思議な気分だ。

海峡を眺めることはできるのだろうか?眺めたらどんな気分だろうか?

ホテルの朝食はとてもバラエティーのあるビュッフェスタイルで、味も文句のないモノだけれど、一週間食べ続けていると、体が受け付けなくなってくる。昨日の夜、中華街の雑多な店で食べた、3分で出てきたチャーハンとか麺とか、そういう類が、不思議と美味しかった。

さて、カメラの充電も全て終わった、行ってきます。