現実のヴェネツィア

Photo: 1995. Venice, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Agfa
Photo: 1995. Venice, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Agfa

ヴェネツィアは、著名な観光地だけに、テレビで採りあげられることも多い。

テレビのヴェネツィアと、現実のヴェネツィアの最大の違いは何か。それは、「臭い」だ。ここの水路は、車道と、下水道が一緒になったような機能を果 たしているから、その臭いは最悪。

両側を高い建物に囲まれた水路の底からは、時折、白濁した汚水がわき上がってくる。多分、生活排水はみんな水路に流されているのだろう。水は濁り、 透明度は無いに等しい。

ところが、不思議なことに、ここの水は光が当たると、なんとも美しいエメラルド色に輝く。これは、そんな瞬間を撮ることが出来た一枚。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会(Basilica di Santa Maria della Salute)

Photo: 1995. Venice, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Agfa, FS
Photo: 1995. Venice, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Agfa, FS

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会(Basilica di Santa Maria della Salute)、自分では、撮った記憶のない1枚。この教会はヴェネツィアに数ある歴史的建築物の中でも際だって美しい。

ここヴェネツィアは、どこもかしこもキレイに古い。伝統、という言葉を、ごく単純に「古い」と言い換えたとしても、その古さ自体が、美しさを生み出 している。日本が木の文化ならば、ヨーロッパは石の文化。全く異なる時系列の中で育まれた伝統は、日本で育った僕にとって100%の異文化。しかし、その 建築物は、僕にとっても美しく感じられる。

ヴェネツィアには、有名な教会や、貴族階級の宮殿など、重々しい建物が多い。にもかかわらず、街中には、どことなく浮かれたような空気がただよって いる。ヴェネツィアが観光地化されているから、ではあるまい。港街に共通な、ある種の開放感によって生まれる雰囲気。

港町の開放感というのは不思議。なにかを押しつけてくるわけでもないのに、気が付くと、その開放感のエッセンスが体の中に入ってしまうのだ。

サン・マルコ広場(Piazza San Marco)

Photo: 1995. Venice, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Agfa
Photo: 1995. Venice, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38, Agfa

ヴェネツィアの中心部、サン・マルコ広場(Piazza San Marco)から名前の由来となったサン・マルコ教会を望む。

2月の足の長い夕日が、聖堂の屋根を琥珀色に染める。日が沈むと直ぐに、眼前のアドリア海から冷たい風がやってくる。風は入り組んだ水路を渡り、街 中の熱気を冷ましてゆく。ここは南欧だが、晩秋の北国にいるみたいな寒さ。緯度の高さが影響しているのだろう。

夕暮れの影が伸びて、カフェも店をたたんだ。広場に面したここのカフェでは、外に椅子やテーブルを沢山並べてお客を迎えている。外とはいっても、 ちゃんとウェイターが世話をしてくれる。(逆に言うと、チップを取られる)

ヨーロッパのカフェは、飲む場所によって料金が違う。店内と店外(テラス等)では値段が倍以上違うこともある。カウンターで注文する時に、どこで飲 むかを告げ、場所に応じた金額を払う。外で飲む方が高いので、地元の人はたいてい店内で飲んでいるようだ。