魔女の鍋的食い物

Photo: 2004. Beijing, Mainland China, Sony Cyber-shot U20, 5mm(33mm)/F2.8
Photo: 2004. Beijing, Mainland China, Sony Cyber-shot U20, 5mm(33mm)/F2.8

羊ページ管理者たる者、羊を食べなくてはいかん。


先ほどの油炒飯の店。周りのテーブルを眺めると、皆、仕切りのある鍋でグツグツ何かを煮ている。火鍋ってヤツか。言葉が全く分からないので、あれくれ、あれくれと指さして頼む。2回行って(気に入ったのだ)何となく分かったのだが、この火鍋屋はセミオーダーメイドみたいな仕組みになっている。

まず、基本になる鍋を頼む。そうすると、辛いスープと、そうでも無いスープの二色が入った鍋が来る。中には出汁の素なんだか木っ端くずなんだか分か らない変なものがいろいろ浮いているが、具は入っていないので、適宜具になる肉を選ばなくてはいけない。肉は、1つ頼むと、普通に山盛り 3人前ぐらい出てくるので、知らないで人数分頼むとものすごい量の肉が運ばれてくる。(運ばれてきた)


肉は、牛と羊のいろいろな部位をかなり細かく(30種類以上)選べる。羊脳だって頼める。その次には、野菜(29種類)を頼む。キノコ(13種類ぐ らいある)も別に頼む。ただし、時々「メイヨー」な素材もあるから、全部頼めるわけではない。肉だけ頼んだら、野菜を頼めと、しきりに店員が言う。しゃぶ しゃぶみたいに、もう肉しか食わないとか、そういうのはダメみたいだ、バランスが大事。これらをまとめてぶち込んで、グツグツ煮込むと、「ヘルシーな火鍋 が今 OL に人気です」とかそういう甘っちょろいジャパナイズされた食い物ではなくて、呪われてるとしか思えない、魔女の鍋的食い物ができあがる。おお、レゲエスタ イル。


最後に、つけだれを注文する。つけだれは、大根おろしでさっぱりと、、ってこれは、おろしニンニクじゃないか!大根おろしの代わりに、なんかの油の 中にたっぷりおろしニンニクが投入された、強烈なつけだれ。これに、グツグツ煮込んだ羊肉をごっそり突っ込んで、焼けるような白乾(中国焼酎)蒙古王で飲 み下すと、なんか変な脳波が出る。値段は恐ろしく安くて、「机一杯」頼んでも 2,000円しない。酒をボトル一本頼んで、3,000円。

この火鍋は下品に煮込んで、まぜて、飲み下すと、旨い。中国いいなぁ、と白乾に酔いながら思う。

なんでまた俺はマックを食っているのか

Photo: ビッグマックセット in NRT 2004. Chiba, Sony Cyber-shot U20, 5mm(33mm)/F2.8
Photo: “ビッグマックセット in NRT” 2004. Chiba, Sony Cyber-shot U20, 5mm(33mm)/F2.8

なんでまた俺はマックを食っているのか。

そう、旅立ちの前にはマックを食うのだ。成田空港のマクドナルドには、2種類の人間が居る。日本食にうんざりして、母の味 McDonald’s を食う不良外国人。そして、海外出張の直前だというのに少しでも飯代を浮かせたいジャパニーズサラリーメンだ。


俺は別に飯代を浮かせたいとは思わないが、決まり事なのでビッグマックを食べる。うーん、うまくない。このグローバルスタンダード(!)なうまくなさは、すごい。

それにしても、ワクワク海外旅行が今から始まろうとしている成田という場所にあって、これほど客の目が濁っている店もないな。僕の前の背広姿の若い 男は、怠そうにチーズバーガーを食っている、多分味は分かってない。横のおやじは、雑誌を眺めながら、ただの義務感としか言いようのない動作でポテトを食 い続けている、残せばいいのに、飢えてるのか。


早起きのせいで腹は減っていたので(午前中の便なんかにするんじゃなかった)あっという間に食い終わる。気分ワルイ。俺は、カップ、包装紙諸々を、残りのポテトもろともゴミ箱に放り込むと、イミグレーションに向けて歩き出す。帰ってきたら、絶対スーパーサイズ・ミーを見よう、と誓った。(もちろんマックを食いながら見るのだ)

蒙古王

Photo: American breakfast 2004. Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.
Photo: "American breakfast" 2004. Contax Tvs Digital, Carl Zeiss Vario Sonnar T* F2.8-4.8/35mm-105.

新年にふさわしい話題は何かな、と思って、考えてみたが
やはり酒か。


この間、中国のビールの消費量がついにアメリカを抜いた、という報道があった。(気がする、、)確かに、皆どこでもビールを飲んでいる。

中華料理といえば紹興酒、という話も日本ではあるが、あんなもん中国では誰も飲まない、という説もあるので(実際、飲んでる人が居なかった)注意。実際、あんまり売ってない気がするし、観光客価格をふっかけられるし、第一、たいしてうまくない。


で、やっぱりメジャーな飲み物はビールのようだが、ちょっとヤッピーな人々の間では、ワインなども流行っているようだ。中国産のワインなんかもあったりする。(日本でもワインつくってるぞ、と言ってみたが、どうにも信じてもらえなかった。悲しい)

まあ、ビール(なぜかぬるい)もワイン(まあ、、)もたいして感心するものではなかったが、そんなものはどうでもいい。横浜中華街でやみつきになった、中国の焼酎であるところの白乾が目当てだったのだ。

で、頼んでみた。が、白乾っていうのは、日本語で言う「酒」みたいな意味らしくて、注文にならない。筆談を繰り返し、幾度も「メイヨー(ありません)」と言われ続け、(メニューにあっても置かれてない酒が多い、その辺はまだまだ社会主義なのか)やっと出てきたのが、「蒙古王」である。

メニューを見ると、65RMBもする(800円ぐらい)、偉い高いなー、ぼられたか、と思ったら、なんとボトル1本の値段なのか。日本で飲むと、グラスで500円ぐらいとられるので、10分の1以下の値段。


飲んでみると、およそ上品ではないのだが、苺みたいな独特の風味と丸い口当たりで美味しい。どぎつい羊料理にもよくあって、どんどん行ける。でも、まあ、飲みきれないんだけど、、。

試しに、持って帰れる?というジェスチャーをしたら、普通にビニール袋に入れてくれた。持って帰っても、、ねぇ。

帰りに、同じブランドを免税店で見つけ(値段は倍!)日本に持って帰ってきた。普通に美味しいお土産のつもりだったが大不評。くさい、きつい、怪しいとさんざん。確かに、日本の料理に合わせると臭い。

酒はやはり文化なんだなと思ったのでした。