ロンドン塔

Photo: 1995. London, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38
Photo: 1995. London, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38

ロンドン塔の窓から、テムズ川に架かるタワーブリッジを眺める。一般には、「ロンドン橋」と勘違いされている、この橋。童謡でおなじみのロンドン橋は、もっと下流にあるそうだ。普通、ロンドン塔の横にあれば、ロンドン橋だと思うわな。

2月のロンドンは、本当に陰鬱な気候。冷たい雨と、湿り気のある風。一瞬の晴れ間はその分気持ちがいいのだけれど、あまりワクワクするような場所ではない。

あげくの果てに、ほとんど唯一の観光名所が石造りの墓場みたいなこの「ロンドン塔」ときては、、。

ただし、この塔の見所は、鬱々とした石垣だけではない。中にある、英国王室の財宝を展示したコーナーは、是非行ってみるとよい。(ロンドン塔に来て しまったら、という話しで、わざわざ見に行くことはないが)世界最大級のダイヤモンドをあしらった、エリザベス女王の王冠や、黄金の塊の杓など、真の金持 ちの宝物が見られる。

ロンドンは夏に行くこと

Photo: 1995. London, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38
Photo: 1995. London, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38

ほとんど唯一の観光名所ロンドン塔。

新米衛兵が一人で行進の練習中。妙に固い動きで、同じ所をくるくるまわっている。時々、間違えてやり直したりして。妙に必死なのが、面白いというか、かわいそうというか。でも、つい撮ってしまった。

なるほど、こういうところで練習してるんだ!

いつの日か彼も、バッキンガム宮殿で行われる衛兵交代の任務に就くことになるのだろうが、なんか道程は遠そう。

ところで、よくよく見てみると、衛兵の服装が見慣れた赤い服ではない。そう、衛兵の服装にも、夏服と冬服があって、これは冬服の方なのだ。鮮やかな 真紅の衣装に、黒テンの帽子、という姿を想像していると、がっかりするかもしれない。赤い衛兵を見たかったら、ロンドンは夏に行くこと。そうすれば、ねず み色の服を着た衛兵が、鼻水をたらしているのを見て、幻滅しないで済む。

懐かしい漢字

Photo: 1995. Paris, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38
Photo: 1995. Paris, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38

パリの街角で、懐かしい漢字を発見。おおざっぱにオリエンタル、というくくりで見れば懐かしいだけだが。

パリの街は暗い。

照明が白銀灯ではなく、白熱灯だということもあるが、照明の数自体が少ないようだ。ライトアップがされているのは、セーヌ川の川縁ぐらいのもので、一般的には最小限の照明しかない。だから、路地なんかは結構怖い。

逆に言うと、日本の都心がバカみたいに明るすぎるのかもしれない。でも、台北は日本みたいに明るかったし。アジアは明るいのかな?

こんな看板を撮ったのは、一つには漢字が珍しかったから。もう一つは、ちょっと面白いセンスだと思ったから。洗練されていない洗練具合、みたいなものが、パリのオリエンタルな看板の典型例っぽくて面白かったのだ。