全てが違ったガーリック・テキサス・ワッパー

Garlic Texas Whopper.
Photo: “Garlic Texas Whopper.” 2017. Tokyo, Japan, Apple iPhone 6S.

テキサス州でしか食べられない、地域限定ワッパー、テキサス・ダブル・ワッパー。もともとバーガーキングは好きだが、この限定ワッパーは大変に美味しかった。当分テキサスに行くことも無さそうなわけで、いつかまた食べられたらいいなぁ。。

と思って居たら、目の前のバーガーキングにでかい垂れ幕が。ガーリック・テキサス・ワッパーとは何だ。飲んだ後にワッパーで仕上げると、翌朝大変にもたれた状態で目が覚めることを、学習している。しかし、テキサスが食えるなら、いたしかたない。


早速入店。飲み物?はもちろんコーラで。テキサス・ダブル・ワッパーの美味しいポイントは、ベーコンとハラペーニョ、そしてマスタード。オトナ味だけどこれは美味い。

深夜、それなりに荒れた空気感の、某所バーガーキング2階にて開封。んーー、なんか見た目がちょっと違う。そういえば、サンドイッチの名前自体がちょっと違っていたような事に気がつく。まあ、国も違うから多少はね。。

かぶり付く。んーー、なんか全然違う。カリカリベーコン入ってない、ハラペーニョ入ってない、マスタード入ってない。ケチャップ入ってる、ガーリック沢山入ってる、そしてオニオンリングが入ってる?!なんか、凄く濃厚、を超えてしつこい。で、凄く違う。

一週間限定でもよいので、テキサス・ダブル・ワッパーを日本でも出してください。お願いします。

その店は、なかなか入りにくい

Photo: “Set meal of grilled yellowtail.”
Photo: “Set meal of grilled yellowtail.” 2017. Tokyo, Apple iPhone 6S.

その店は、一見するとなかなか入りにくい。実は、その近くを歩きながら、何年も気が付かなかった。住居と一緒になった、割烹のような店構え。昼時、店の前に掲げられる品書きは、少し値が張る。

「いらっしゃいませ。」

和食の世界では名の知れた名店だが、二代目の店主の物腰は柔らかく、少しも威張ったところがない。

「今日は、焼き魚は何ですか?」
と聞くと、
「竹が鮭、松が太刀魚です」
と答えた。ちょっと迷うが、太刀魚にした。

焼き台にはまだ炭は入っていない。ガス台でカンカンに暖められた炭が置かれて、大ぶりの太刀魚が串に打たれて焼き始められた。12時をちょっと回った頃だが、連休の谷間で今日は人が少ない。先客は3人1組だけ。皆、名物のどんぶりを食べているようだ。


ほうじ茶を啜りながら、たっぷり10分ほど待つと、魚が串から外され熱い飯がよそられる。出てくる定食は、見た目が凄く豪華とか、そういう事は無い。供される小鉢も、汁も、もう渋すぎてかの小説家の「昔の味」に出てきても不思議では無い。

小鉢のたけのこの煮物、えぐみの少し残った感じ。蕪の漬物の、少しひねた感じ。汁は粗から出た出汁がひどくうまい。太刀魚に添えられた蕗味噌は、普通に考えたら塩っぱそうだが、ぎりぎりで塩が収まっている。

焼きあがった太刀魚は、鱧のようにふっくらとしている。腹身と背中の味の違いを噛みしめる。そうして、艶っとしたご飯を頬張る。


普段はそんなことは思わないが、ここばかりは、美味しさが分からないなら食べなくていいよ、と思ってしまう。あるいは、そういう美味しさが分からなかったから、何年も自分の目に入らなかったのかもしれない。

0点のビッグマック

Photo: “BIG MAC in Malaysia.”
Photo: “BIG MAC in Malaysia.” 2014. Kuala Lumpur, Malaysia, Apple iPhone 5S.

世界のマックを食べるいつもの企画。

マレーシア、クアラルンプール国際空港でビッグマックを食べてみよう!セットにするのは、しつこそうなご当地メニューの、フライドチキン(Ayam Goreng McD™ )。

早速、ビッグマックの箱を開封。ひっくり返ってる。0点。

(2つ買って、2つともひっくり返っていた)