Mac OS 伝統の技

パソコンは、買ってからしばらくは安定しないもの。その日から使える、なんてのは大嘘ですね。新たにPC/ATをATX規格で組み立てた友人も(彼 は、かなりコンピュータ歴が長い)、Windows の新しいリリースが全く安定しないために、散々な目にあっているよう。おまけに、トラブルの温床になりやすいビデオカードも、出たばかりの Matrox の Mystique ですから、そもそもやばい。

それはそれとして、初心者がいきなり PC/AT を組み上げるなどということはしないでしょうが、メーカー製のものを買ったとしても、Wintel、Mac を問わず(この際 Linux とかは除く。論外。)使えるようになるまでには相当な時間がかかります。ゼミで新しく Mac を買った人と、Aptiva を買った人がいますが、2人とも散々な目にあってます。

Mac の方は、Internet への接続がいまいち。しかも、爆弾が頻発しているようで、RISCのくせにメモリが16MBしか無いのが致命的。しかし、まだ卒論には使えるようで、状況的にはまだましです。

Aptiva の方は僕が Microsoft Office を使うように、と散々言ったにもかかわらず、Lotus Super Office を選んでしまい、これも撃沈。HPのプリンタを買えという脅迫を無視してCanonを買ったらしいのですが、いまいち使い方がわからないとのこと。結局、 とても使いものにならずに昔のワープロを使っているそうな。P5の166MHz 32MBが泣いています。

その他にも、卒論に向けてコンピュータを導入した人が多く、少なくとも12人中、8人は Wintel か Mac を使用して卒論を書くようです。しかし、現段階でシステムが安定していない人、新規文書の作り方から分からない人、ネットサーフィンに時間を浪費する人、 など卒論への道は遠いのです。ただ、コンピュータリタラシーの時代への登竜門として、ここで散々な目にあっておくのは必要なことです。もちろん、全員卒業 できればの話ですがね。

うちの Mac は約2年ほど使っており、コンピュータ業界の常識からするとそろそろ使いものにならなくなる頃で す。しかし、今になってようやくやたらに安定したシステムになりました。2年間、アップデートを続けたため、システムフォルダは英語版と日本語版のシステ ムコンポーネントが入り乱れて、混沌を極めています。問題なく動いているのが不思議なくらいですが、コンピュータにはそんな人知の及ばない部分があるよう です。

2年前、漢字Talk7.5 の当時は、30分おきに Freeze していたものです。都合3回のアップデートの末、今では変なことをしなければ半日くらいはそのまま動き続けるまでになりました。メモリを 36MB 積んでいる事も大きいかも知れません。Internet環境も、当初はNetscape Navigator が爆弾を落としまくっていましたが、Open Transport が 1.1.2 にまでなった今、信じられないくらいにトラブルがありません。技術的には既に時代の終わった 68040 ですが、問題の多い新技術の PowerMac に比べると、遥かに堅牢です。

なんといっても、あと2週間もしないで卒論の提出期限となります。ここで、トラブルを起こされるとそれこそ致命的なわけで、、、。しかし、僕の Mac は重要な書類を印刷しようとすると、error -79 を出すという伝統の技を持っているのが恐ろしいところです。

LANGE XR9

お茶の水に行った。友達が新しくスキー一式を買うという。彼の板なら、足のサイズがあまり変わらないので、僕も乗れる。結局選んだのは ROSSIGNOL E40 Beta DUALTEC。自分が欲しい板だったのでラッキー。

実は、暇だったので履いてみた ROSSIGNOLのCOURESE KX がもの凄く良かったのだが、腕前と値段とを考えると恐ろしいので却下。とりあえず、ダメになるまで3年目に突入した LANGE XR9 を履こう。(世の中はX ZERO 9だ)

その帰りに買いたくもないメモリを買った。ワープロと Netscape が同時に使えないので不便な思いをしていたのだ。行きたくもない秋葉原は、Windows NT 4.0 日本語版のキャンペーンににぎわっていて、ちょっとした行楽地のようだった。パソコンは、どんどんカッコイイことになっていきつつあるようだ。