ThinkPad X61を自分で修理する

Photo: Inside ThinkPad X61 2010. Tokyo, Japan, Ricoh GR DIGITAL III, GR LENS F1.9/28.
Photo: "Inside ThinkPad X61" 2010. Tokyo, Japan, Ricoh GR DIGITAL III, GR LENS F1.9/28.

wordpress の人気ページを見ていると(プラグインで人気ページの集計ができる)、ThinkPad の部品関連のページに結構人気がある。wordpress にして初めて気がついた感じだ。ということで、何かの役に立つかもしれないので ThinkPad X61 修理の記録を書いておく。


おおまか壊れない ThinkPad だが、可動部分が壊れるということはやはりある。

使い始めて 7ヶ月、どうもファンがうるさいと思って居たのだが、ある日、「ガガガガ」とありえない音を立て始めた。キーボードを外して、左上に付いているファンを掃除してみたが、音は消えない。

よくよく聴いてみると、パームレスト左側あたりから聞こえてくる。仕方ないので、背面のボディ取り外しネジの指定が(四角くて下に短い線が 4本入っているアイコン)あるものを全て外し、ボディ上面の樹脂パーツをとってみた。とった状態が上の写真だ。なお、一連の作業の前に、ACアダプタは外しておくこと。

開けてみるとパームレスト左側に、セカンドファンが付いていた。ここにファンがあるとは知らなかった。ブロワーで吹いてみたが、回りがかなり悪くて、確実にここが壊れている。とにかく良く吹いて、再び起動を試みたが、今度は FAN Mulfunction で完全に起動しなくなってしまった。(温度上昇を避けるための安全機構だろう)


ThinkPad を長く使っている人なら知っていると思うが、ThinkPad の部品の中で、FRU の番号が付いているものについては、ユーザーの手で交換することが許されている。当該のファンをよく観察してみると、FRU で”42W3410″と部品番号が記されていた。ということは、自力で交換が可能ということだ。

保証期間内なので、センドバックで修理も可能だとは思うが、その手間をかけたくはないので、パーツセンタから部品を取り寄せることにした。

パーツの注文プロセスについては、このWeb が詳しい。いつものようにパーツセンタに電話し、今回は初めて女性が出たのでもの凄く驚いたが(いつもは、いかにもエンジニアという感じの男性が多い)、対象機種名(型番が望ましい、僕の場合は6765-A51)と FRU パーツ番号42W3410 を伝えて、在庫状況を確認してもらう。

「こちら在庫僅少となっておりまして、、」

いや、一個で良いです。


暫くすると見積が FAX で送られてくるので、ネットバンクであれば振り込みのエビデンスのページを、ATMであればレシートを添付して FAX する。数日すると、いつものでかい箱に入って、小さなファンが送られてくる。

セカンドファンは、基盤にテープでとめられたフレーム部分まで含めて 1アッセンブリとなっている。流石に、テープ部分からはぎ取るのは躊躇されたので、一旦部品をばらして、ファンの部分だけを移植することにした。交換して、ネジ止めを全て元に戻し、電源を入れると何事もなく起動。

あれほど、気になっていたファンの音も随分静かになった。分かる人は自分で直して良い、という姿勢はこれからも続けて欲しい。

“ThinkPad X61を自分で修理する” への2件の返信

  1. x61のセカンドファンの轟音に悩んでいるものです。

    ヤフオクで4000円位(送料コミ)で2個かいましたが、1個は壊れていました。
    正常だった1個をつけて、1年もたたずにまた轟音が始まりました><

    私もLenovoのパーツセンターで購入を考えております。
    1個の価格はいくら位ですか?

    参考にしたいので教えてください><

  2. hitman2:
    x61のセカンドファンの轟音に悩んでいるものです。

    私もLenovoのパーツセンターで購入を考えております。
    1個の価格はいくら位ですか?

    こんにちは。
    ベアリングの損傷なのか、壊れると凄い音がして驚きます。

    パーツセンターに注文したときの価格は、確か5,000円程度だったと思います。
    記事中のリンク先に価格とだいたい同じだった印象があります。

    一年で壊れると悲しいですね、、 🙁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*