ちくわパン

Photo: ちくわパン 2007. Tokyo, Contax i4R, Carl Zeiss Tessar T* F2.8/6.5.
Photo: "ちくわパン" 2007. Tokyo, Contax i4R, Carl Zeiss Tessar T* F2.8/6.5.

だいぶ前の話、ではあるが。

「ちくわパン」が売られているという噂を入手して、入るコンビニ入るコンビニで探し続けた。なんでも、ちくわが丸一本入った、「ワイルドな調理パン」らしい。都心で探し、郊外で探し、大阪でも探した、ドンキにも無かった。


そんな風の噂を聞いてか、

「ちくわパンなら、会社の近くのパン屋で売ってますが」

というタレコミが。さっそく、買いに行ってもらった。なるほど、僕が探しているちくわパンは、多分ラインで作られる大量生産品なのだが、このちくわパンは、街のパン屋さんがたまたま作ってしまった、手作りの品のようだ。

そのブツをどこで受け渡すか。ちくわパンを入手してくれたエージェントが「今度、青山近辺に勤めることになりそう」と、言うので、それではその近所でお洒落な店にしよう、ということで、笑笑に決定。

「それは、確かにオシャレね」

だって。なんでも、笑笑に行ったことが無いらしい。しかも面倒なので、青山ですらなく新宿の笑笑に集合した。


一通り料理と酒を頼んでテーブルの上をカモフラージュしたところで、いざちくわパンにとりかかる。見た目にちくわ感はあまりなく、細かく刻んだちくわが入っている。食べてみると、練り物の滑らかな食感がパン生地にマッチして、普通にうまい。ガッカリするぐらいうまい。

具材としてやや淡泊に過ぎる気もするが、むしろそれがヘルシーさを感じさせて受けるかもしれない。調理パンとして、普通にレギュラーをはれるレベルと感じた。微妙に酒のつまみにもならないことはなく、普通に美味しく頂いてしまった。

他にあえて感想を書くならば、笑笑もたまに行くと、結構まともなのね、という結論。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*