Canon PowerShot G1, 7-21(34-102)/2.0-2.5

Photo: Canon Power Shot G2
Photo: Canon Power Shot G1

よくよく考えてみると、僕はスタパ斉藤が「これはイイ!」といったものをかなりの確率で買っているような気がする。(別に、丸飲みで信じている とかではなくて、ネタとして面白いということで)

この PowerShot G1 もまた、そんな一台だ。ヨドバシカメラのアウトレットコーナーで、新品が 6割引の 44,000円なり。デジカメはいらない、と思っていたものの、この圧倒的なお買い得感には逆らえなかった。スタパ斉藤絶賛のあのデジカメが、6割引。と いうことで、使い道も考えず、根拠もなく買ってしまったのがこの G1。

Canon G1 は PowerShot シリーズのフラグシップモデルで、現在は、G3 まで発売されているレンジファインダー(?)機の定番ハイエンドだ。絵も操作性も、よく出来ている。さすが、キヤノンのフラグシップ商品。絵は、色調の豊 かさと、ノイズの少なさは特筆すべきものがあり、現行のデジタルカメラと比べても遜色ない。なお、記録メディアは、マイクロドライブも使える CF なので ThikPad など CF スロットを持つユーザーにとっては、便利だ。

そして、G1 の数ある機能の中でももっとも重要なのが、自由に角度を変えられるバリアングル液晶。明度・解像度も問題なく(ちょっと発熱が高い)、そして撮影ポジショ ンを自由に選べる画期的な機構だ。この機構のおかげで、一眼レフでも、レンジファインダーでもない、新しいカメラの使い方ができる。

最後に、いまいちな点。レンズキャップを自分で付けはずししなければいけない点、起動時間の長さ、マクロ撮影時の AF の弱さ、MF の使いにくさは要改良点だ。(最新機種では直っていると思うけどね)


Photo: Shibuya Canon Power Shot G1
Photo: "Shibuya" Canon Power Shot G1

7群8枚の 7-21(34-102)/2.0-2.5 と、3.3M CCDがつくる絵はノイズが少なく、色ノリも良い。デジタルカメラの画像としては、そのバランスのよさと、キヤノンぽさに感服する。また、見た目にもきっちりしたレンズは、なんとなく安心感があってよい。センサー系はかなり良く出来ていて、ほとんどの場合オートで撮って問題ない。たいていの光線条件で自然なホワイトバランスを実現する。

特に、暗闇での撮影では、銀塩に比べてとても使い勝手が高い。ただし、(普通のフラッシュ一体型カメラがそうであるように)フラッシュはおまけみたいなものであり、フラッシュ禁止をデフォルト設定できない点は、少し困る。

キヤノンの絵が好きな人にはたまらない絵作り(推測)だと思うが、別にキヤノンの絵が好きではなくても、十分に満足できる。

追伸:バッテリーマネジメント関連で、Firmware update が出ています。ユーザーの方は、チェックしてみてください。

“Canon PowerShot G1, 7-21(34-102)/2.0-2.5” への1件の返信

  1. ピンバック: Sony Cybershot U10, 5(33)/2.8 | 羊ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*