個人Web サイトの傾向

ところで、個人 Web サイトの傾向というのは、おおきく 2種類あるように思う。ひたすら文章などのコンテンツ充実を図ることを良しとする自己完結系。他のサイトと交流してみたり、目を惹くネタで人を呼んでみたりするのを楽しむ自己顕示系。

もちろん、どっちかというのではなくて、この 2つの傾向のバランスで成り立っているわけだ。羊ページは、多分、自己完結系の方に近いが、掲示板をつけてみたりメールフォームに凝ってみたりと、近年、 自己顕示系に歩み寄りつつある。これが極端になると、私はネットアイドルとか、他のサイトの書いてることに文句つけてみるとか、そういう風になるのだろ う。それも、悪いことではあるまいが。


何事も道は極めろ、とか、1位か 2位になれない事業は撤退だとか、まあ、そういう先達の意見に従うまでもなく、どっちつかずのサイトというのは、存続が苦しい。ネットアイドルとか、 Web日記で論争とか、やりきれないほどウンザリなサイトには、確かにアクセスがあるわけだ。

ところが、極めた先にも悲劇はある。孤高の自己完結系に限って寂しがり屋で寂しすぎて自滅閉鎖とか、お友達いっぱいの自己顕示系なのにネットでの人間関係がこじれて逆ギレ放置閉鎖とか、もう大変。

やっぱり、羊ページはほどほどでいくことにしたい。

注1.「ところで」という書き出しは、我ながらむちゃくちゃだと思う。
注2.じこ‐けんじ[自己顕示]自分の存在をことさらに目立たせること。「―欲」[株式会社岩波書店 広辞苑第五版]
注3.閉鎖の原因のトップは、もちろん「思ったより、めんどくさい」なのでしょうけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*