女に叩かれる

彼女の左手が僕の頬に飛んで、パシッと乾いた音を立てた。

驚いた僕の視線と、直ぐ横で電車を待っている女性の驚いた視線が、一瞬、交差した。しかし、ケタケタ笑っているほろ酔いの彼女を見れば、直ぐに冗談と知れる話ではあった。

友達と一緒に、その酔っぱらいを電車に押し込んで、見送る。電車が行ってしまうと、春の夜のぬるい風が、頬を撫でた。これが冬だったら、痛かったんだろうな、なんて思った。

注:彼女→ she の意味ね。

“女に叩かれる” への1件の返信

  1. ピンバック: 僕をひっぱたいた女 | 羊ページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*