行列の出来る、まずいラーメン屋

行列の出来る、まずいラーメン屋がある。

昼時、(暑くもないのに)腕まくりをしたオヤジどもが行列をつくるラーメン屋。昼間からラーメンを食べる、という感覚が僕には無いから、(特に、東 京ラーメンは昼間に食うものではないと思う)なんとなく敬遠していた。しかし、あまりにも常に行列ができているので、ある日、ついに暖簾をくぐった。もし かして、ウマイのかも?

店内は、平均的ラーメン屋の風情。汚すぎでもなく、キレイすぎでもない。(キレイなラーメン屋というのも、少しイヤだ)しかし、店内に貼り出された メニューは、やたらに種類が多い。メニューが豊富なラーメン屋が、うまかったためしはない。水の出てきたコップは、末期的に汚い。店内は、オヤジどもで いっぱいで、それも、なんか仕事の一線からは外されました、みたいな雰囲気の人が多い。どう考えても、やばい感じがしたので、普通のラーメンを頼んだ。

しばらくして、腹立たしいほど、なんの美味さもないラーメンが出てきた。正確に言うと、不味い、のではない。美味くないのだ。まずい、ならば面白い からまだいい。不味いものは思い出になる。美味くないものは、なんの思い出にもならず、やるせない感じだけが残る。うどんと山菜御飯のセットにサラダを付 けられたときのような、あるいは、山奥の民宿でマグロの刺身を出されたような、そんな嫌さ加減と言えばわかって頂けるだろうか。

出てくる料理は、最初味がわからないくらい熱い。親の敵のように熱い。(僕は、猫舌、猫手なので熱いものは基本的に苦手だ)舌は化学調味料でしび れ、醤油の質は限りなく低く、麺からはウンザリするほどのかんすいの臭い。それを、オヤジどもがフーフーいって食べている、フーフー。しかも、皆、満足げ に麺をすすっているのだ、フーフー。一緒にそのラーメン屋に行った同僚達は、うんざりした顔で、顔を近づけるだけで息苦しくなるほどアツアツのタンメンと 格闘している、フーフー。僕の味覚が問題というわけでは、ないらしい、フーフー。


僕は、その美味くない熱湯ラーメン自体に怒りは感じなかった。店主は、手を抜いて作っているわけではなく、ラーメンはこれでいいのだと、確信してつくっているようだった。むしろ、そんなラーメンを嬉々として喰っている見知らぬオヤジどもに、あきれ、恐怖した。

別に、美味いものを喰わなければいかん、などというつもりは全く無い。なんというか、美意識というか、センスというか、そういうものの完全な欠落が 悲しいのだ。だって、このラーメン屋の近くには、いろいろと美味しい店がある。手ごろな値段で、オヤジ好みの和食を出す店だってある。なのに、なぜここで 喰う。行列する。こういう人たちが、OLの手によって、ぞうきん汁入りのお茶とか飲まされてるんじゃないだろうか。言っておくが、このラーメン屋、値段は 決して安くはないのだ。こんな人たちに、食事を作っている奥さん達は(このオヤジどもは、どうみても、自分で作りそうにはない)、さぞかし、やりがいがな いに違いない。

「なんか食わしときゃいいのよ、どうせ味なんて分かりゃしないんだから」

注:作者は、「ホンモノのお茶くみ」というのを見たことがないので、想像。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*