スコール

Photo: 1998. Saipan, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38
Photo: 1998. Saipan, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38

遙か水平線、海面と雲の間で煙のように見えているのは、南国特有の激しい通り雨、スコールだ。降り注ぐ雨が、海と空を繋ぐ柱のように見える。

サイパンの雲は、動きが速い。

それもそのはず、このあたり海は、台風や低気圧の生まれ故郷なのだ。海から雲が生まれ、陸地に雨を降らせる。そういう自然の動きを、肌で感じることができる。それも、ただ砂浜に座って、海を眺めているだけで、、。


サイパン滞在中は、よい天気の日が多かった。しかし、一日中、カラッと晴れていたわけではなくて、空の表情は刻々と変化した。

頭の上では、始終モクモクでかい雲が動いていて、強い日差しが肌を射たかと思うと、たまにすさまじいスコールを降らせていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*