盛夏の生牡蠣

Photo: 1998. New Orleans, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38
Photo: 1998. New Orleans, CONTAX T2 Carl Zeiss T* Sonnar 2.8/38

ミシシッピーの川べりを歩く鳩。すぐ逃げるので、なかなか撮りにくい。

鳩の話題は以上。

ニューオリンズは、牡蠣が有名。僕が行ったのは夏真っ盛りだったが、それでも生牡蠣は売られていた。レストランのテーブルには、「量を喰うと危険は増すよ。あと、喰うか喰わないかは、あんたの勝手だからよろしく」という親切な説明書きが置いてある。

ここでは生牡蠣に、ホースラディッシュ(西洋ワサビ)やトマトケチャップで作ったソースを山ほどつけて食べる。でも、僕的には塩とレモンだけでいい と思った。いずれにしても、夏の生牡蠣は度胸試し。同業他社さんと食べに行ったのだが、お互い、社の威信をかけてイヤとは言えず食べていた。僕は、自社の 名誉は守った。

でも、なんで内陸部なのに生牡蠣が名物なのだろう。ミシシッピーじゃ獲れないでしょ、まさか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*