韓国 その2

(今回の今日の一言は、旅先から更新しています。そのため、誤字脱字、意味不明な部分があるかもしれませんが、「ライブ」ということで、勘弁してください)

韓国 その2

今日もてきとうにソウルの街を歩き回った。蒸し暑い、という点ではソウルも東京も変わらない。今日は「デパート」と言われるところに行ってみたが、 そこは「デパート」の概念を覆すような場所だった。つまり、デパートの建物を建て、そこに露店を収容したような、そういう「デパート」なのだ。品物は多い し(shinjyukuと書いたTシャツもあったし、「めざせ横綱」というのもあった)値段も安いのだが、陳列というより積載といった方が良いような売り 方なので、結局なにを買っていいのかわからなかった。

市内の看板や案内表示は、ほとんどハングル。日本語はほとんどないし、英語で書いてあることも少ない。たまに、商店に日本語の張り紙がしてあるが、 「冷やし中華、はじめました」などという、非常に良くできたものから、「おいしい寒い麺」のように(冷麺のことのようだ)ちょっと困ったものまでレベルが バラバラだ。

言葉の問題で一番困るのは、地下鉄の券売機。表示が全部ハングルで、謎のボタンがいくつもついているだけ。(機械によってボタンの色や配置が異なっ ていたりする)しかも、先にボタンを押してからお金を入れていくという、日本では馴染みの無い(というか、ほとんど想像を絶する)操作形式のため、それに 気がつかないと永遠に切符が買えなかったりする。


日中の疲れもあったので、夜はホテルの地階のバーでゆっくりする。カンパリソーダとオレンジジュースベースのカクテルがとても美味しい。黒人のピア ノ弾きが、「カサブランカのテーマ(曲名忘れた)」や「ピアノマン」なんかを弾いている。ソウルのホテルのピアノ弾き、というのはどういう心境なのか分か らないが、とても楽しそうに弾いていた。

明日は、9時から仕事だが、起きられるだろうか、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*