プライベート・ライアン

今年、もっとも面白かった映画は、おそらく(僕は見ていないのだけれど)タイタニックだろう。特に、その高い特殊効果技術は、各メディアで繰り返し 取り上げられていた。(もっとも、映画タイタニックのCGを支えたDECが、今年永遠に消えてしまったのはなんとも皮肉な話だ。)

しかし、タイタニックの陰に隠れて目立たなかったとはいえ、タイタニックを越える特殊効果技術賞をあげたい作品がある。それは「プライベート・ライアン」。

この映画、筋立てはなにもない。一応あるが、あまり関係ない。

この映画の最大の売りは、未だかつてなかったリアルな「戦場」だ。


爆音、衝撃波、圧倒的な残酷。この映画の思い切りのよい点は、戦場の再現にのみ集中し、反戦とか人間ドラマとか、そういう押しつけがましい要素が何 一つない(描くのに失敗しているだけかもしれないが)点にある。戦闘では、人間が飛び散るし、着弾音が劇場を揺るがす。はんぱない。特殊効果の存在を感じ させない丁寧な作りも好感が持てる。

ライアンを見た後に食事をするのはかなりきつくなること請け合い。目を背けたくなる光景も続出で、ホラー映画なんてかわいいものだ。

で、確かにきつい映画ではあるのだが、不思議としばらくしてショックから立ち直ると、もう一度見たくなる。怖いモノ見たさというか、ジェットコースターのようなものなのかもしれない。

ちなみに、似たような話題作にアルマゲドンというのがあるが、あの映画の良い部分は全て予告CMの中に凝縮されているので、特に劇場まで行く必要はない。(あそこしか見るところがない)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*