アランチャ・サンチェス・ビカリオ

テレビでフレンチオープンの中継が始まると、夏が近づいた気がする。

女子シングル決勝、アランチャ・サンチェス・ビカリオ対モニカ・セレシュの試合を途中から見た。

サンチェスは、なんだか痩せてしまって(かなりがっしりしていたハズなのだが)昔の憎々しげな、イメージがなくなっていた。

最近影の薄かったサンチェスだが、凄く良い試合だった。僕の中では、サンチェスというのはグラフの優勝を阻む悪玉なのだが、今回の試合に限っていえば、チャンピオンにふさわしい試合だった。

どんよりと曇ったローランギャロスの空に太陽は輝いていなかったけれども、夏を感じさせる試合だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*