633 と 663

ビデオで録りっぱなしにしていた、ウォン・カーウェイの「恋する惑星」を観た。

途中で別の話に変わったことにしばらく気づかず、混乱した。監督の術中にはまった感じ。633 と 663ってのはよく考えたな。

フェイ・ウォンの主題歌が気に入ったので、出かけたついでに買ってきた。それを聞きながら、モンゴルのマンホール・チルドレン(マンホールに住む、ホームレスの子供たち)のテレビを見る。この瞬間には、色々な現実がある。

“633 と 663” への2件の返信

  1. 初めまして。
    1998年の記事にコメントして良いものかわかりませんが、どうしても気になることがありまして、
    コメントさせていただきます。
    「633と663ってのはよく考えたな」とはどういう意味でしょうか?
    最近この映画を見て、その点に何か意味があるのか検索していたら、このページに辿り着きまして、
    お手数ですが、お返事お待ちしてます。

  2. コスモス:
    初めまして。
    1998年の記事にコメントして良いものかわかりませんが、どうしても気になることがありまして、
    コメントさせていただきます。
    「633と663ってのはよく考えたな」とはどういう意味でしょうか?
    最近この映画を見て、その点に何か意味があるのか検索していたら、このページに辿り着きまして、
    お手数ですが、お返事お待ちしてます。

    こんにちは。
    あまりにも昔の記事なので、書いた本人が忘れてしまいました。 🙁
    お力になれず。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*