紙芝居業者の倫理委員会

最近、未成年の犯罪が増え(てるように報道はされてますよね)、その一因として、テレビなどのメディアの悪影響が挙げられています。こういう議論はあまりにも滑稽で、まともに議論する気にもなれないのですが、似たようなことが昔も行われていたのを知りました。

何かというと、その昔、まだテレビが普及する前、「紙芝居」というのが子供たちの大きな娯楽でした。で、その紙芝居の内容が「子供たちに悪影響を与 える」というので、紙芝居業者が倫理委員会みたいなものをつくって、内容が子供たちの健全な成長に「ふさわしい」かどうか審査していたというのです。

この話を聞くと、まさに苦笑するしかありません。今、テレビの規制を訴えている人の主張も、時が経てば同じような滑稽さを感じさせるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*